作業標準書について(その2)

 作業標準書について、前回のその1に続いて解説します。
 

5.作業標準書の様式

 作業標準書の決められた様式はありませんが様式の項目の記述について、整理します。
 

【作業標準書の項目の記述内容】

 ①製品名:加工しようとする製品名を記入する。
 ②製品番号:対象とする製品の固有品番を記入する。
 ③工程番号:QC工程表から転記する。
 ④工程名:作業標準を必要とする工程名を記入する。
 ⑤使用材料、部品:その工程で使用する材料、部品を記入する。
 ⑥使用設備、治具:その工程で使用する設備、治工具を記入する。
 ⑦作業手順:この工程で行う作業の内容をステップ毎に記入する。
 ⑧主なポイント:重要なポイントを記入、略図、写真、イラストで理解しやすいようにする。
 

5.1 作業標準書の書き方

①表現が簡潔で分かりやすいこと。
 箇条書きで短い文章で的確に内容を表現、「です、こと」等の言葉は不要。
②読み物ではなく視覚で分かりやすくすること。
 イラスト、写真を使い、見てわかるようにする。
③抽象的でなく、具体的であること。
 抽象的事例:『炉の温度を40℃に設定する』
 具体的事例:具体的に書く『ダイヤルAに切り替え、計器Bのメモリを40°になるようにバルブCを調
       整』又、官能検査の場合は見本を作成し、具体化させる。
④前後工程の抜けがないこと。
 前後工程を良く調べ、前工程、本工程、後工程の間に抜けがないか確認する。
⑤初めから完璧を求めない。
 仮でも良いのでまずは作成し、その後、改訂していくようにする。
⑥工程リーダー(班長)が作業者へ作業説明する時の資料とする。
 作業標準書は作業者に工程リーダーが説明する際の資料として簡潔に作成する。
 

セミナー「化学プラントの運転操作に必要なノウハウの習得・確認セミナー ~運転操作に不可欠な設備基礎知識~」

10:00 ~ 17:00 

東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル7階

44,820円

5.2 作業標準書の作成部署

 作業標準書は生産技術資料です。この為、作業標準書の作成部門としては下記の部門が担当します。
 
      
作業標準書
 
 次回は、作業標準書の使い方の解説です。
 

この記事の著者

門眞 博行

『和の国』Japanの知恵『Kaizen』でみちのくのモノづくりの復興を支援します。

7年に亘る海外工場でのモノづくり指導を活かし、グローバル化に対応できる工場づくり、人材づくりを支援します。  【人材育成】 もの作りの基本は人作りです、自分で問題点を見つけ、分析し、改善、評価できる人材、組織を育成する支援をし、儲かる経営…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「生産マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「門眞 博行」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン