FTAとFMEA・DRBFMとの違いを理解することで、
両者の有効活用にも役立ちますし、他の技法と関連、
連動して使うことにより、より有効に活用できます
FTAへの有効活用について解説します!

セミナー講師

CS-HK 代表 上條 仁 氏
<専門>
発明的問題解決法 (TRIZ)  品質機能展開 (QFD)  デザインレビューの効率化  故障モード影響解析 (FMEA・DRBFM)  不良の木解析 (FTA)
品質マネージメントシステム指導 (ISO9001・IATF16949)
<略歴>
1983年 :(株) 日立製作所入社 日立工場パワーデバイス開発センタにて電力用半導体設計開発
1997年 :半導体グループ汎用半導体事業部・自動車用半導体設計開発
1998年 :半導体グループ品質信頼性保証本部ISO9001/QS9000(現IATF16949)事務局
    品質機能展開 (QFD) にて日立全社普及展開活動推進
2002年 :(株)日立製作所を退社し、コンサルタントスタート

セミナー受講料

55,000円(税込、昼食・資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず
  消費税が10%になります。
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切掛かりません。

※前日にはFMEA講座も開催します。詳細は下記プログラム内よりご確認ください。

FMEA編は下記よりご覧ください
https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4755
FMEA・FTA講座 2日間ご受講の場合は以下よりお申込みください
https://www.rdsc.co.jp/seminar/2008

セミナー趣旨

 不良や事故・故障などの未然防止の道具としてFTAがあり、FMEA・DRBFMとともに注目されていますが、FMEA・DRBFMとの違い、使い方がはっきりしないまま有効活用されていないことが多く見られます。問題解決の道具としても注目されていますが、QC7道具、なぜなぜ分析、比較分析法など、それぞれの使い分けもできていないことが散見されます。
FMEA・DRBFMとの違いを理解することで、FMEA・DRBFMの有効活用にも役立ちますし、他の技法と関連、連動して使うことにより、より有効に活用できます。それらの関係、FTAへの有効活用について解説します。
 本当に役に立つ、やってよかったというFTAをやりましょう。

受講対象・レベル

・FTAをやっているけども、やり方への疑問や、効果が上がらないと思う方
・不良や事故・故障の未然防止をしっかりとやりたい方
・未然防止活動において、より効率的で有効なやり方を学びたい方
・デザインレビュー(DR)においてもFTAが有効活用されていないと感じている方
・顧客要求にてFTAを作成している方、協力会社(下請け)へFTAを要求している方
(営業・資材や購買の顧客や協力会社の担当の方もOKです)
・製品企画、設計開発、試作・製造、生産技術、設備、品質保証に関係する技術者、管理者

習得できる知識

・FTAの有効活用、未然防止に役立つやり方
・効率良いFTA実施方法
・講師作成のFTA資料(Excel、pdf等)をセミナー後、講師よりご希望の方に配信します。

セミナープログラム

1.FTAと未然防止活動
 1-1.未然防止とは
 1-2.未然防止の区分けの必要性
  ・問題解決と再発防止、故障予測の関係
 1-3.FTAとFMEA・DRBFMの関係
 1-4.効率的な未然防止の実施時期について
 1-5.諸技法の活用
  ・QC7つ道具、なぜなぜ分析、比較分析法
 
2.FTAの作成
 2-1.FTAの活用法
 2-2.FTAの留意点
 2-3.FTAの実施準備
 2-4.FTAの基本的な論理記号
 2-5.基本事象の抽出
 2-6.FTAの事例
 
3.FTA演習

【質疑応答・名刺交換】