輸送機能についての留意点:物流の改善ポイント(その9) 

SCM

 

◆輸送機能についての留意点

保管場所には明確な表示が必要です。どこに、何が、いくつあるのかが瞬時にわかるようにしておくことが必要です。保管場所から出庫するときに「探し」や「迷い」があるとそれはロスタイムにつながり、生産性が低下してしまいます。

 

間違いを防ぐためにも、類似部品は近くに置かない工夫も考えましょう。人が判断する際に考えさせることは禁物です。パッと見て、一瞬で判断できるようにしましょう。これが倉庫管理の鉄則です。今の倉庫がこのようになっているか、チェックしてみることをお勧めします。

 

メーカー物流ではそのコストの6割を輸送が占めています。メーカーの本業はモノづくりですから、輸送は自分たちが直接行う仕事ではない、と考えられています。そのため輸送は専業者にアウトソースしているケースが多いのです。これ自体は間違っていません。ただし気を付けなければならないのは、「丸投げ状態」にしてしまっていることです。

 

一定の物量を輸送するために必要なトラックのサイズと台数は自ら把握できなければなりません。これを輸送会社に丸投げし、低積載率でトラックを走らせるようなことがあってはならないのです。アウトソース自体はOK。しかし常に管理状態に置くことが求められるのです。

 

また、昨今のドライバー不足は近い将来の輸送力不足につながる可能性があります。これを避けるためにも、輸送モードを複数化することも必要でしょう。物流子会社を保有しているメーカーも多いかと思います。今まではどちらかというと、バイアウトの対象になっていた様相がありました。

 

しかしこれからは確実な輸送力確保の観点から、子会社を保有し続ける傾向が出てくるものと思われます。さらに物流子会社には自社のサプライチェーン...

SCM

 

◆輸送機能についての留意点

保管場所には明確な表示が必要です。どこに、何が、いくつあるのかが瞬時にわかるようにしておくことが必要です。保管場所から出庫するときに「探し」や「迷い」があるとそれはロスタイムにつながり、生産性が低下してしまいます。

 

間違いを防ぐためにも、類似部品は近くに置かない工夫も考えましょう。人が判断する際に考えさせることは禁物です。パッと見て、一瞬で判断できるようにしましょう。これが倉庫管理の鉄則です。今の倉庫がこのようになっているか、チェックしてみることをお勧めします。

 

メーカー物流ではそのコストの6割を輸送が占めています。メーカーの本業はモノづくりですから、輸送は自分たちが直接行う仕事ではない、と考えられています。そのため輸送は専業者にアウトソースしているケースが多いのです。これ自体は間違っていません。ただし気を付けなければならないのは、「丸投げ状態」にしてしまっていることです。

 

一定の物量を輸送するために必要なトラックのサイズと台数は自ら把握できなければなりません。これを輸送会社に丸投げし、低積載率でトラックを走らせるようなことがあってはならないのです。アウトソース自体はOK。しかし常に管理状態に置くことが求められるのです。

 

また、昨今のドライバー不足は近い将来の輸送力不足につながる可能性があります。これを避けるためにも、輸送モードを複数化することも必要でしょう。物流子会社を保有しているメーカーも多いかと思います。今まではどちらかというと、バイアウトの対象になっていた様相がありました。

 

しかしこれからは確実な輸送力確保の観点から、子会社を保有し続ける傾向が出てくるものと思われます。さらに物流子会社には自社のサプライチェーン戦略の立案に貢献してもらうことも考えていきましょう。

 

いかがでしょうか。物流の総合商社であるメーカーは多種多様の物流を保有しています。それぞれの物流を上手に機能させていくことが、競争力向上には不可欠です。ぜひ各物流機能に注目し、改善・改革を進めていきましょう。

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

仙石 惠一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参りました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参りました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...


関連する他の活用事例

もっと見る
保管効率と取り出し効率:物流の改善ポイント(その8) 

  ◆工場内の保管設計 営業がいつ、何を、いくつ欲しいのか、この要望に生産サイドは応えていく必要があるので、調達と生産については販売予測...

  ◆工場内の保管設計 営業がいつ、何を、いくつ欲しいのか、この要望に生産サイドは応えていく必要があるので、調達と生産については販売予測...


物流不良流出を防ぐには(その1) 社内ルールの確立とそれを守らせるしくみ

        物流不良に悩んでいる会社も多いことかと思います。せっかく生産工程で良い製品を作ったとしても、物流工程で間違いが発生してしまったら台無...

        物流不良に悩んでいる会社も多いことかと思います。せっかく生産工程で良い製品を作ったとしても、物流工程で間違いが発生してしまったら台無...


今後の物流に向けて荷主が取り組むべきこと(その1) 輸送は買い手市場か

◆ トラック待機時間の解消を  消費増税の際に駆け込み需要はあったものの、それを顧客にタイムリーに運べていなかったという事実がありました。物流は経済...

◆ トラック待機時間の解消を  消費増税の際に駆け込み需要はあったものの、それを顧客にタイムリーに運べていなかったという事実がありました。物流は経済...