物流アウトソース(その1)コストを下げるためのアウトソース

New

サプライチェーンマネジメント

◆ メリットとデメリット

 皆さんの会社では何かしら物流業務のアウトソース(外注化)を行っているのではないでしょうか。この物流アウトソースにあたり注意すべきポイントについて触れてみたいと思います。

 何かしらの物流業務をアウトソースしている会社はある統計によると3割強あるそうです。この物流アウトソースの結果としてのメリットを調べてみると、次のような点が浮かび上がってきます。以下経済産業省のアンケート結果から見ていきたいと思います。カッコ内の数値は複数回答を含めた回答率です。

【アウトソース実施の狙い】

  • コストの明確化ができた(44.9%)
  • コスト削減ができた(38.5%)
  • 物流改善、効率化が進んだ(22.8%)
  • 人員削減ができた(22.5%)

 言うなればこういった点が企業が物流アウトソースを実施する狙いにもなってくると考えられます。しかし一方でアウトソースのデメリットが存在することも知っておかなければなりません。主に次のような項目が挙げられます。

【アウトソースのデメリット】

  • 従来内部で実施していた業務が外部化されることから、業務内の機密やノウハウが漏えいすることへの懸念
  • 当該業務が外部化されるため、それを理解できるスタッフが社内にいなくなる(業務のブラックボックス化)への懸念
  • 導入部署での人員削減にともなうモラルの低下
  • きめ細い物流サービスが困難になるなどサービス水準低下の懸念

 このようにアウトソースはメリットもあればデメリットもあるということです。つまりすべてがうまくいくとは限らないので十分に注意しなければなりません。

 物流を外部に委託するか、社内で行うか判断する背景には物流に対する考え方があると思います。

 この点についても「経営戦略における物流の位置づけ」としてのデータから確認をしておきましょう。

  • コストダウン重視の業務(52.6%)
  • 製品品質と並んで重要業務(22.6%)
  • 特に重視していない業務(22.2%)

 いかがでしょうか。これらのデータからはどちらかというと物流はサプライチェーンにおける重要業務にもかかわらず、コストという認識が強いように見受けられます。そのコストを下げるためにアウトソースを行うという企業が多いようです。

 次回に続きます。


この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。