物流倉庫業務(その1) 保管業務プラスアルファとは

 
  
SCM
 
 物流倉庫と言えば真っ先に在庫を保管するというイメージがわくかもしれません。従いまして事業者側の観点からも倉庫とはものを保管することがサービスであるということになるかもしれません。たしかに倉庫の本来の目的はものの保管ということになるでしょう。荷主側も品質よくものを保管してもらえる会社があればそこに発注することになるでしょう。
 
 しかし最近では特に物流はサプライチェーンの一環という位置づけになりますので、単なる保管業務だけでは競争力を持つことはできないかもしれません。別の言い方をすると高い価格での受注は難しいということになるでしょう。
 

1. 保管業務の付加価値とは

 保管業務にプラスアルファを加えて初めて競争力ある商品になるのです。ではそのプラスアルファとは何でしょうか。その一つが在庫管理です。在庫管理というと当たり前にやっているよ、という声が聞こえてきそうですね。
 
 しかしそのレベルが問題なのです。単にものの入り出だけの管理でしたら在庫管理とは呼べないでしょう。むしろ長期在庫の状況や、欠品しそうな情報をアイテム単位に把握し、荷主に都度フィードバックできることは必要ではないでしょうか。
 
 さらにもう一歩踏み込んで、荷主に代わって発注業務を行うことが望まれます。在庫が少なくなれば標準在庫量まで補充し、在庫が過剰気味になればしばらく発注を見合わせるなどの判断も倉庫業者側で行います。
 

セミナー「会社の利益が上がる!顧客要望に応える生産管理」

10:00 ~ 17:00 

[東京・大井町] きゅりあん 4階 研修室 

46,440円

2. サプライチェーンの一部をコントロールすること

 ここまで来ればサプライチェーンの一部をコントロールすることになりますので、お金を払ってでもその倉庫業者に発注しようということになるでしょう。通信販売業務の代行も付加価値業務と言えるでしょう。顧客からのオーダーに基づき商品をピッキングし、梱包したうえで発送を行います。
 
 この中には当然のことながら在庫管理も含まれますので、商品のメーカーへの発注も代行することになるかもしれません。さらに通信販売では返品への対応業務が含まれます。この返品が結構厄介なのです。荷主側からするとこの業務をしっかりとやってくれる業者は頼もしく感じられることでしょう。
 
 次回に続きます。
 

この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

「えっ!物流改善ってそんなに儲かるの?」と驚かれる方がいらっしゃいます。はい、物流を効率化することは会社の利益率に影響するほどの効果があります。 皆さんこんにちは!物流改革請負人の仙石惠一と申します。弊職は日本でも屈指のサプライチェーン…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン