物流倉庫業務(その2) 流通加工に積極的に取り組む

New

 
  
物流事業
 

1. 再製品化業務

 通信販売で返品された商品を再製品化する業務があります。もちろんそれが可能な場合に限られます。例えば、一般的に匂いがついてしまった商品や靴の履き皺がついてしまったものは廃棄となる可能性が大きいようですが、再製品化する業務を物流倉庫業者で行うことは大きな付加価値業務になると思われます。
 
 しかし一部手を加えることで再販が可能である場合はそれを倉庫内で行い、在庫に戻すことになります。倉庫の中に再製品化ラインを設け、そこに作業員を配置して実施します。この業務を請け負っている業者は収益性も悪くないようです。荷主から見ればぜひやって欲しいと思われる業務なので、積極的に取りに行くと良いでしょう。
 

セミナー「会社の利益が上がる!顧客要望に応える生産管理」

10:00 ~ 17:00 

[東京・大井町] きゅりあん 4階 研修室 

46,440円

2. 流通加工で物流収益向上

 これに類似した業務としてパソコンや家電の修理を倉庫内で実施することが挙げられます。これにつきましても「倉庫業務とは保管業務である」という狭い発想から脱却した事例だと言えそうです。
 
 ご存知の通り物流には5つの機能があります。それは「輸送」「保管」「包装」「荷役」「流通加工」ですが、最後の「流通加工」が物流収益を向上させるキーであると考えられます。
 
 なぜならこの「流通加工」に積極的に取り組んでいる会社は多くないからです。流通加工の簡単な例として「値札付け」や「袋詰め」、「シール貼り」などが挙げられます。もちろん、こういった事例も良いのですがもう一歩踏み込んだ形での加工を行っていくことが望ましいと思います。
 
 例えば材料の切断業務や製品の組み立て業務、検査業務などです。ここまでのレベルに来るとものづくりの一部であると考えられます。単なる保管や運搬ではなく、製品そのものに付加価値を付けますので収益的にも有利であると考えられるのです。さらに同業他社があまり手を付けていない分野ですので先駆者利益を享受することもできるかもしれません。
 
 繰り返しになりますが、自分たちは物流業だからその領域外の業務は行わない、という狭い考え方では今後の倉庫業としての発展は望めません。少し背伸びをするくらいが丁度いいのです。保管業務だけだと立地や倉庫規模などで優位性はほとんど決まってしまいます。それを打破するためのちょっとした工夫が必要なのです。
 
 次回に続きます。
 

この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

「えっ!物流改善ってそんなに儲かるの?」と驚かれる方がいらっしゃいます。はい、物流を効率化することは会社の利益率に影響するほどの効果があります。 皆さんこんにちは!物流改革請負人の仙石惠一と申します。弊職は日本でも屈指のサプライチェーン…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン