必要に迫られればアイデアが出る-紙と缶詰の場合

1.漢王朝の記録を後世に残すために、すき具を使って紙を発明

 世界で初めての紙は、古代エジプトのパピルスであることはよく知られています。ナイル河畔に生えている植物の茎を薄く切って水につけ、植物繊維を密着させて張り合わせ、乾燥させて紙状にしたものです。PAPERの語源はPAPYRUSからきています。

紙の発明
 紙をすき具を使ってつくることを考えたのは、中国の蔡倫【さいりん】という人です。彼は漢王朝の用度長官をしており、しかも宮廷工場の主任の立場にありました。

 当時、漢王朝はようやく統一を果たして広く政策を人民に知らしめる必要があり、また後世に記録を残す必要もありました。彼は宮仕えの身であり、やむをえず紙の開発に取り組んだのです。樹木の皮や麻、ぼろ布を石臼で細かく砕き、水に溶かして紙すきですき、薄い紙の層を集めるという、現代の製紙法と変わらない方法を見つけて、AD105年に紙をつくりあげました。 
  

セミナー「技術者/研究者のための技術の発想法と実現方法【演習付き】」

10:30 ~ 17:00 

商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室

49,980円

2.軍の食料保存のために発明された缶詰

 19世紀初めのフランスといえば、ナポレオンの各地への遠征が相次いだ時代です。進軍に伴って必要な食料の確保が大きな問題となっていました。そこでフランス政府は、解決策を求めて実用的な食料保存法を大募集し、その懸賞金は1万2000フランにものぼったといいます。

 この懸賞に応募したのが、料理人にして発明家のニコラ・アペールでした。彼は、レストラン料理長の経験だけでなく、菓子やワインなどいろいろな食品加工業の経験もある人物です。当時はまだ細菌が知られていない時代だったのですが、加熱すれば腐敗しにくいということを、アペールは豊富な経験から直観的に理解していました。そこから、肉をびんに入れて密封し、熱湯につけるという方法を考え出したのです。これはびん詰めですが、缶詰の原型となりました。

 この発明で賞金をもらったアペールは、その後も研究を続けて、ついにはスズを使った缶詰を発明し、缶詰はまたたくまに世界に広がっていったのです。

  

出典:「ひらめきの法則」 髙橋誠著(日経ビジネス人文庫)


この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン