物流を是正する必要性(その3) バリューを生む物流へ

 
  
SCM
 
 物流是正のポイントは、第一に無償サービスからの脱却です。第二は言われるままに動くという受身仕事からの脱却です。まずこの二つを完璧にこなすように努力していきましょう。第一の無償サービスからの脱却は今すぐにアクションを取り、一年以内に解消するように計画を立てましょう。
 
 第二の受身仕事からの脱却は簡単ではないかもしれません。これは意識の問題でもあり、相手方の仕事についても知っていなければ対処できないからです。しかし一歩を踏み出さなければ何も始まりません。別部署からイレギュラーな仕事を頼まれた時に、なぜそのイレギュラーが発生したのかを確認することから始めましょう。
 
 この質問を受ければその部署の考え方も変わってきます。そうそう安易に物流に仕事を頼めないな、という雰囲気が出てくるはずです。そうなったらしめたもの。もしかしたらその部署が自分たちの仕事の仕方を自ら改善していくかもしれません。
 
 これは企業間でも同様です。たとえ現場間でのやり取りであるとしても、その依頼に対して「いくらかかるか」を都度説明していきましょう。つまり、将来に向けての仕事に対しては、着実に理由のヒアリングと必要コストの提示を実施していくことです。この対応が相手先に改善を促すことにつながると思われるのです。
 
 そしてもっと物流が変わらなければならないのは、物流業務を通して会社を改善していくことです。メーカーであれば物流作業を通して生産管理を行うこと、物流会社であれば荷主の在庫をコントロールして荷主利益向上に寄与することが一つの例です。
 
 物流は今まで「作業」ととらえられてきました。しかし、今後は間接的であってもバリューを生む物流に生まれ変わる必要があります。これによって物流に対する周りの見方もガラッと変わることでしょう。物流を変え、周りの認識を変えさせ、そして物流の地位向上を図ることが必要です。それができるのは今物流に携わっている私たち自身なのです。ぜひ今日から物流を変えていくことに取り組んで行きましょう!
 

この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

「えっ!物流改善ってそんなに儲かるの?」と驚かれる方がいらっしゃいます。はい、物流を効率化することは会社の利益率に影響するほどの効果があります。 皆さんこんにちは!物流改革請負人の仙石惠一と申します。弊職は日本でも屈指のサプライチェーン…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン