「FTA」とは

FTA(Fault Tree Analysis)とは

FTA【故障の木解析】(Fault Tree Analysis)とは製品の故障、およびそれにより発生した事故の原因を分析する手法であり。機器の信頼性や安全性を高めるための目的として利用されます。
また、故障発生頻度の定量的な分析のために、潜在危険を論理的にたどり原因の調査や、それぞれの危険の発生確率を評価する目的として使用されることもあります。
製品の安全性や信頼性向上を行うため、また消費者や使用者が安全に使用するために製品の安全性改善にも利用されます。
FTAでは、製品の悪い挙動を最初に想定します。その想定に基づいて起こりうる事故や故障に至った道すじを、発生する確率と一緒に、故障の木図(FT図)で表現して分析も行います。

「FTA」FMEA/FTAを解説した記事

■「FMEA」FMEA/FTAのセミナー


「FTA」のキーワード解説記事

もっと見る
設計と製造の役割分担と市場品質

   今回は、次のような質問事例から「設計と製造の役割分担と市場品質」について解説します。 【質問事例】  今現在の悩みは、工程FME...

   今回は、次のような質問事例から「設計と製造の役割分担と市場品質」について解説します。 【質問事例】  今現在の悩みは、工程FME...


FTA(故障の木解析)の実施方法とは

1. FTAとFMEAの使い分け  FTA(フォルトツリー解析)とは、その発生が好ましくない信頼性に乏しい事象・事例について、発生経路、発生原因及び...

1. FTAとFMEAの使い分け  FTA(フォルトツリー解析)とは、その発生が好ましくない信頼性に乏しい事象・事例について、発生経路、発生原因及び...


「FTA」の活用事例

もっと見る
市場トラブルの事例と未然防止

1. 事例:市場トラブルの現状  市場では、一体どのような製品のトラブル(故障や事故)が発生しているでしょうか。下図は、自動車の設計に起因するリコー...

1. 事例:市場トラブルの現状  市場では、一体どのような製品のトラブル(故障や事故)が発生しているでしょうか。下図は、自動車の設計に起因するリコー...


TOTOのオゾン発生装置の機能性評価事例

 これは、第20回品質工学研究発表大会で、TOTO(株)の林謙吾さんが発表した「オゾン発生装置の機能性評価方法の検討」を要約したものです。 ◆関連解説『...

 これは、第20回品質工学研究発表大会で、TOTO(株)の林謙吾さんが発表した「オゾン発生装置の機能性評価方法の検討」を要約したものです。 ◆関連解説『...