「多元配置実験」とは

一つの変数だけを変化させ、他のすべてを固定して実験、解析することを一元配置実験と呼ぶのに対して、二つ以上の因子を組み合わせて同時に変化させて実験する事を多元配置実験と呼び、一般的にはすべての因子の水準を組み合わせ、分散分析で主効果と交互作用効果を評価します。


「多元配置実験」のキーワード解説記事

もっと見る
エンジニアと統計リテラシー

 エンジニアが身につけるべきスキルとは何でしょうか、各エンジニアの専門分野の知識はそのエンジニアのレゾンデートルですが、共通して必要な基本的知識として統計の知…

 エンジニアが身につけるべきスキルとは何でしょうか、各エンジニアの専門分野の知識はそのエンジニアのレゾンデートルですが、共通して必要な基本的知識として統計の知…


寄与率の計算根拠とは

 二元配置実験や直交表による実験計画法では寄与率という言葉がでてきます。又、回帰分析でも事象の説明がその式でどのくらいできているのかという意味で、決定率とか寄…

 二元配置実験や直交表による実験計画法では寄与率という言葉がでてきます。又、回帰分析でも事象の説明がその式でどのくらいできているのかという意味で、決定率とか寄…

「多元配置実験」の活用事例

もっと見る
紙ヘリコプターを使った問題解決研修

1.実験計画法研修の問題  問題・課題解決法やQC7つ道具、実験計画法などを学んだが、実践は職場に帰ってから実施することになっているため、実践しないで忘れて…

1.実験計画法研修の問題  問題・課題解決法やQC7つ道具、実験計画法などを学んだが、実践は職場に帰ってから実施することになっているため、実践しないで忘れて…