ホーム > 技法解説 > SQC(統計的品質管理) > 多元配置実験

多元配置実験 とは

一つの変数だけを変化させ、他のすべてを固定して実験、解析することを一元配置実験と呼ぶのに対して、二つ以上の因子を組み合わせて同時に変化させて実験する事を多元配置実験と呼び、一般的にはすべての因子の水準を組み合わせ、分散分析で主効果と交互作用効果を評価します。

多元配置実験のセミナー

実験計画法・実験データ解析手法 完全マスター 【2日間講座】
開催日 (登録日:2017-4-28 / 開催日:2017-7-6)
説明  【2日間講座】 第1日目:はじめての実験計画法第2日目:「直交表」他さらに進んだ実験計画法をマスター ★職場に帰ってすぐ活用できる! 初めて学ぶ方でも十分に理解できるよう、…



多元配置実験の解説記事一覧

多元配置実験の活用事例一覧

紙ヘリコプターを使った問題解決研修 (2012-03-23)


多元配置実験の専門家

氏名 会社名
村島 繁延 村島技術士事務所 QCDはバランスさせるものではなく、全て両立させ…
石井 一夫 東京農工大学農学府 ゲノム科学、ビッグデータとクラウドコンピューティ…

多元配置実験で解決できる課題

8件中 18件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
1 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 設計・開発 設計条件の最適化を効率化したい
1 設計・開発 多元材料で最適比率を求めたい
1 生産 突発品質不良を早く解決したい
1 生産 慢性品質不良を解決したい
1 生産 不良発生を未然防止したい
1 生産 事故の再発を防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら