「情報技術」とは

情報技術【じょうほうぎじゅつ】(IT: Information Technology)とは、コンピューターシステムをベースとした情報処理や応用など プログラミングを使った固有技術分野の総称です。意味が近いIT用語である情報通信技術(ICT: Information & Communication Technology)とほぼ同義です。 コンピューターの処理速度向上とインターネットの普及で、その応用分野は一般社会、産業界に広く、深く浸透しています。 近年の工業製品の多くはソフトウェアで機能を実現するものが多く、今後はAI技術も取り込んでますます生活を変える期待が高まるでしょう。

◆  「生産現場とIOTの4つの機能」の解説記事

情報技術関連のセミナー紹介

情報技術関連の教材紹介

 

情報技術の歴史

情報技術や通信に関する技術開発は第二次大戦ごろから軍事用途で始まり、1950年代以降は産業用途を中心に発展してきました。
一般的に仕事や日常生活に深く関わり始めたのはインターネットやパーソナルコンピュータ(パソコン:PC)が急激に普及し始めた1990年代後半からとされています。
特にインターネットの普及が顕著になってきた2000年前後は、日本でも個人の認識や企業や産業全体、インフラ構築の構造にも変化が起こり始めていました。
今ではライフスタイルをサポートしてくれたり悩みを解決したり生活するうえで必要な技術となっています。
また、その様子を産業革命に見立てて、IT革命などと言われるようになります。

 


「情報技術」のキーワード解説記事

もっと見る
現場数学(その12)~ 数学は世の中を変える!

  ♦ 現場数学者に期待される判断能力 ~ 計算機パワーを最大限に活用 1.専門家の経験に基づく判断  英国のケンブリッジ...

  ♦ 現場数学者に期待される判断能力 ~ 計算機パワーを最大限に活用 1.専門家の経験に基づく判断  英国のケンブリッジ...


現場数学(その6)~マルチスケール模型での計算

  1.  計算の限界  如何(いか)にスーパーコンピューターを活用しても、計算出来る範囲はやはり限られています。例えば、タン...

  1.  計算の限界  如何(いか)にスーパーコンピューターを活用しても、計算出来る範囲はやはり限られています。例えば、タン...


現場数学(その2)~級数展開の不思議-桁落ち

♦ 発想の転換で“桁落ち”回避  有限桁数の計算機を使って計算することによって起こる深刻な問題の例を挙げましょう...

♦ 発想の転換で“桁落ち”回避  有限桁数の計算機を使って計算することによって起こる深刻な問題の例を挙げましょう...