専門家「川添 良幸」プロフィール

川添 良幸

川添 良幸

専門家専門家S かわぞえ よしゆき / 宮城県 / 東北大学

保有資格 東北大学理学部卒業、東北大学大学院博士課程修了
対応エリア 全国

H P: https://ja.wikipedia.org/wiki/川添良幸

対応分野

デジタル工学
デジタル工学 CAE/シミュレーション コンビナトリアル
固有技術
機械技術 電気・電子技術 情報技術 化学技術 金属・無機材料技術

経歴

昭和50年4月 - 昭和56年10月 東北大学教養部物理学科助手
昭和56年11月 - 平成2年4月 東北大学情報処理教育センター助教授
平成2年5月 - 平成24年3月 東北大学金属材料研究所教授
平成24年4月 - 東北大学未来科学技術共同研究センター 名誉教授・シニアリサーチフェロー
Asian Consortium on Computational Materials Sciences(ACCMS) 代表(2000年~)
ナノ学会会長等歴任
令和2年4月 - 名誉教授ドットコム代表取締役
令和元年10月 -タイ国スラナリ工科大学Distinguished Professor、他多数

業務実績

理論物理を専攻し、電子散乱による原子核の高励起状態研究で博士号を取得。単に理論に止まらず、加速器設計等で実験グループの共同研究を実施。計算センター職員としてリテラシー教育及び並列計算機研究に当たった。教授になってからは、計算機シミュレーションによる新材料設計分野からの社会貢献に強い関心を示し、実験家や企業との共同研究で、科研費、NEDO、JSTの大型プロジェクトに数多く採択され、それらの研究成果の実用化も行われている(国内外特許取得10件)。2013年にはロシアからメガグラントのリーダーに選出され、年間100万ドルの教育研究費を3年以上にわたって提供を受け、ロシアの研究・教育にも貢献した。2020年にはscopusで東北大学教授として1番多くの学術論文出版研究者に至った。