ホーム > 技法解説 > サプライチェーンマネジメント > 経営判断のための会計法「スループット会計」について

サプライチェーンマネジメント」の技法解説記事


経営判断のための会計法「スループット会計」について

 スループット会計とは、キャッシュフローベースの会計システムで、需要の変化と製造から販売までのサプライチェーンのマネージメントとオペレーションを同期化させる会計論です。

 通常、生産現場での政策や販売の重点戦略に、会計データはあまり役に立たないということが経験的にいわれています。その一番大きな理由は、伝統的な原価計算の論理です。近代科学では、現象を細分化して理解しようとするために、製品別に細かいレベルまで原価を追究し、利益を求めていくスタンスにあります。そのため、工場で発生するすべての経費は、たとえば工場長の社用車の減価償却費や、工場の事務所での電卓代やエンピツ代などが、何らかの基準で製品毎に配分され、間接経費として製品原価に算入されています。厳密にいえば、工場の事務所にいる事務員のお茶の時間も、タイムレコーダで勤務時間として記録されれば、それが複雑なコスト配分の論理に従って製品原価となるのです。工場にある高額の機械設備であろうが、簡単な工具であろうが、その設備が稼働している時間に関係なく製品別に配分される厳密な論理があります。

  ところが、材料費などのような直接費よりも、複雑な配分計算で製品別に配分される間接固定費の方が多い産業が主流を占める現代は、部分的な厳密さ、部分的な最適化をいくら行なっても、それが企業のキャッシュフローを上げることにはなりません。サプライチェーンマネジメントの意志決定は、「何をいつ」「どれだけ作るか」「売るか」「購入するか」というプロダクトミックスと量を時間軸にして行ないます。広義には、価格も重要なサプライチェーンマネジメントの政策変数です。したがって、スループットを上げるには、価格政策による需要の変化と、製造から販売までのサプライチェーン上での制約のマネジメントと、オペレーションの同期化のマネジメントを同時併行で考慮できるキャッシュフローベースのスループット会計システムを開発する必要があります。このスループット会計システムは、シンプルな羅針盤となって経営改革に威力を発揮するでしょう。

表1.スループット会計と標準原価計算の比較

スループット会計


サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「今岡 善次郎」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(いまおか ぜんじろう) / 専門家A / 株式会社ビジダイン

在庫が収益構造とチームワークの鍵を握ります。人と人、組織と組織のつながり連鎖をどうマネジメントするかを念頭に現場と人から機会分析します。
・製品構成・生産・販売の全体のつながりSCM(サプライチェーンマネジメント)の中でキャッシュ収益を改善します。 ・サプライチェーンマネジメントの源流にトヨタ式経営を求め、そのさらに源流としてドラッカー経営に行きました。 ・マネジメント教材「成果を上げる」仕事の設計15の「原理」を開発。 ・業… 続きを読む


MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら