充填率計算 稠密六方格子:金属材料基礎講座(その158)わかりやすく解説

投稿日

充填率計算 稠密六方格子:金属材料基礎講座(その158)わかりやすく解説

 

◆ 充填率計算 稠密六方格子

稠密六方格子の充填率を計算します。単位格子の体積を計算するときに格子定数を六角形の一辺の長さaとして体積を計算します。下図に示すように、稠密六方格子の底面(1000)面は一辺がaの正三角形が6個集まった形をしています。一辺がaの正三角形の面積(S1とします)は√3/4a2のため、底面の面積Sは図の中の式(1)となります。

 

充填率計算 稠密六方格子:金属材料基礎講座(その158)わかりやすく解説

図.稠密六方格子の格子定数と原子半径

 

そして、底面の正三角形と高さに注目すると、上下の面の3個の原子と中段1個の原子によって正三角錐が出来ています。これを下図に示します。正三角錐の高さc/2は三角形の重心と三平方の定理より図の中の式(2)となります。そして、稠密六方格子の高さcは図の中の(3)式となります。式(1)、(3)より稠密六方格子の単位格子の体積Vaは図の中の式(4)となります。

 

充填率計算 稠密六方格子:金属材料基礎講座(その158)わかりやすく解説

図.稠密六方格子の格子定数と高さ 

また、原子の半径をrとしたときの原子一つの体積Vrは式(5)となります。 

Vr=4πr3/3  (5) 

そして、単位格子の中にある原子の数は六角形の中心に2個、六角形の頂点に12個です。中段には3個の原子があります。(1000)面の中心の原子は半分(1/2)単位格子に含まれます。頂点にある原子は単位格子に含まれるのは1/6個となります。

 

中段の原子3個はそれぞれ少し欠けていますが、その分が隣の単位格子からはみ出しているので、丸3個となります。これらを踏まえて、単位格子に含まれる原子の数Nを計算すると式(3)となります。式(3)より格子定数の中には6個の原子が占めていることになります。

 

N=2(個)×1/2(割合)+12(個)×1/6(割合)+3個×1(割合)=1+2+3=6(個)  (6) 

 

格子定数と原子半径の関係ですが、稠密六方格子の底面に注目すると格子定数aには原子がすき間なく2個並んでいます。2個の原子のうち格子定数に含まれるのは半分のみとなります。そのため格子定数と原子半径は式(4)が成り立ちます。 

a=2r    (7)

式(4)~(7)を合わせると充填率Sに対して式(8)の関係式が成り立ちます。式(8)に式(7)を代入すると式(9)となり、計算すると式(10)、(11)になります。√2π/6を近似計算すると約0.74(74%)となります。これが稠密六方格子の充填率です。稠密六方格子は面心立方格子と同じ最密充填構造です。どちらの充填率も74%となります。

充填率計算 稠密六方格子:金属材料基礎講座(その158)わかりやすく解説

 

次回に続きます。

関連解説記事:マランゴ...

充填率計算 稠密六方格子:金属材料基礎講座(その158)わかりやすく解説

 

◆ 充填率計算 稠密六方格子

稠密六方格子の充填率を計算します。単位格子の体積を計算するときに格子定数を六角形の一辺の長さaとして体積を計算します。下図に示すように、稠密六方格子の底面(1000)面は一辺がaの正三角形が6個集まった形をしています。一辺がaの正三角形の面積(S1とします)は√3/4a2のため、底面の面積Sは図の中の式(1)となります。

 

充填率計算 稠密六方格子:金属材料基礎講座(その158)わかりやすく解説

図.稠密六方格子の格子定数と原子半径

 

そして、底面の正三角形と高さに注目すると、上下の面の3個の原子と中段1個の原子によって正三角錐が出来ています。これを下図に示します。正三角錐の高さc/2は三角形の重心と三平方の定理より図の中の式(2)となります。そして、稠密六方格子の高さcは図の中の(3)式となります。式(1)、(3)より稠密六方格子の単位格子の体積Vaは図の中の式(4)となります。

 

充填率計算 稠密六方格子:金属材料基礎講座(その158)わかりやすく解説

図.稠密六方格子の格子定数と高さ 

また、原子の半径をrとしたときの原子一つの体積Vrは式(5)となります。 

Vr=4πr3/3  (5) 

そして、単位格子の中にある原子の数は六角形の中心に2個、六角形の頂点に12個です。中段には3個の原子があります。(1000)面の中心の原子は半分(1/2)単位格子に含まれます。頂点にある原子は単位格子に含まれるのは1/6個となります。

 

中段の原子3個はそれぞれ少し欠けていますが、その分が隣の単位格子からはみ出しているので、丸3個となります。これらを踏まえて、単位格子に含まれる原子の数Nを計算すると式(3)となります。式(3)より格子定数の中には6個の原子が占めていることになります。

 

N=2(個)×1/2(割合)+12(個)×1/6(割合)+3個×1(割合)=1+2+3=6(個)  (6) 

 

格子定数と原子半径の関係ですが、稠密六方格子の底面に注目すると格子定数aには原子がすき間なく2個並んでいます。2個の原子のうち格子定数に含まれるのは半分のみとなります。そのため格子定数と原子半径は式(4)が成り立ちます。 

a=2r    (7)

式(4)~(7)を合わせると充填率Sに対して式(8)の関係式が成り立ちます。式(8)に式(7)を代入すると式(9)となり、計算すると式(10)、(11)になります。√2π/6を近似計算すると約0.74(74%)となります。これが稠密六方格子の充填率です。稠密六方格子は面心立方格子と同じ最密充填構造です。どちらの充填率も74%となります。

充填率計算 稠密六方格子:金属材料基礎講座(その158)わかりやすく解説

 

次回に続きます。

関連解説記事:マランゴニ対流~宇宙でもきれいに混ざらない合金の不思議 

関連解説記事:金属材料基礎講座 【連載記事紹介】

 

連載記事紹介:ものづくりドットコムの人気連載記事をまとめたページはこちら!

 

【ものづくり セミナーサーチ】 セミナー紹介:国内最大級のセミナー掲載数 〈ものづくりセミナーサーチ〉 はこちら!

 

   続きを読むには・・・


この記事の著者

福﨑 昌宏

金属組織の分析屋 金属材料の疲労破壊や腐食など不具合を解決します。

金属組織の分析屋 金属材料の疲労破壊や腐食など不具合を解決します。


「金属・無機材料技術」の他のキーワード解説記事

もっと見る
格子欠陥と転位 金属材料基礎講座(その5)

  ◆ 格子欠陥と転位  金属原子は結晶構造に従って規則的に配列しているわけですが、全ての金属原子が規則的に配列しているわけではありません。...

  ◆ 格子欠陥と転位  金属原子は結晶構造に従って規則的に配列しているわけですが、全ての金属原子が規則的に配列しているわけではありません。...


金属材料の疲労破壊とは

     今回は、金属材料の疲労破壊について解説します。  金属材料は繰り返し荷重を受けると強度が徐々に低下し、かなり低い荷...

     今回は、金属材料の疲労破壊について解説します。  金属材料は繰り返し荷重を受けると強度が徐々に低下し、かなり低い荷...


抵抗接合とろう接合  金属材料基礎講座(その31)

  1. 抵抗接合  抵抗接合としてスポット溶接があります。これは接合する板を重ねて、電極で挟み込むように圧力をかけます。  その模式図を...

  1. 抵抗接合  抵抗接合としてスポット溶接があります。これは接合する板を重ねて、電極で挟み込むように圧力をかけます。  その模式図を...


「金属・無機材料技術」の活用事例

もっと見る
金代替めっき接点の開発事例 (コネクター用貴金属めっき)

 私は約20年前に自動車用コネクターメーカーで、接点材料の研究開発を担当していました。当時の接点は錫めっきが主流でした。一方、ECU(エンジンコントロール...

 私は約20年前に自動車用コネクターメーカーで、接点材料の研究開発を担当していました。当時の接点は錫めっきが主流でした。一方、ECU(エンジンコントロール...


ゾルゲル法による反射防止コートの開発と生産

 15年前に勤務していた自動車用部品の製造会社で、ゾルゲル法による反射防止コートを樹脂基板上に製造する業務の設計責任者をしていました。ゾルゲル法というのは...

 15年前に勤務していた自動車用部品の製造会社で、ゾルゲル法による反射防止コートを樹脂基板上に製造する業務の設計責任者をしていました。ゾルゲル法というのは...