ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 強烈な問題意識が創造のスタート、固定観念から抜け出せ!

アイデア発想法」の技法解説記事



強烈な問題意識が創造のスタート、固定観念から抜け出せ!

アイデア発想
1.ビジネスマンに必要な感性

 ビジネスマンは、すべからく企画マンであるべき時代です。企画マンにとって最も大切なものは鋭敏な感受性であり、別な言葉で言えば「感性」といえましょう。アメリカの著名な心理学者ギルフォードは「創造力のある人」の素質として第一に「問題に対する敏感さ」をあげています。

 旧国鉄のヒット商品「フルムーン旅行」のアイデアは、旧国鉄旅客局の職員山崎さんが通勤電車で立っている時、前に座った人が広げた新聞を読んで発想しました。国勢調査の結果50歳前後の人口が20代と同様多かったからです。国勢調査の人口分布表を見た人は数限りなくいます。私も見た一人です。しかし、私を含めて多くの人は、その記事を単に1つの知識として読んだにすぎませんでした。しかし、山崎さんにとってその人口分布表は、単なる知識ではなく、すばらしい「情報」となったのです。

 「情報」という言葉は、明治9年に西周らが仏語の「ランゼーギューマン(報知)」を訳したものといわれています。その字をそのままとらえると、情報とは「情(なさけ)を報ずる」ということになります。つまり、情報とは単に頭で理解するものではなく、その人の心をゆさぶり動かすものといえます。

 

2.問題意識がヒントをつかむ

 まったく同じものを見ても、問題意識のある人と無い人ではその反応は決定的に異なります。創造者たちは、いずれも強烈な問題意識の持ち主たちです。湯川秀樹博士も、福井謙一博士もノーベル賞受賞者ですが、もう一つ共通するのは、賞を受賞した理論「中間子論」も「フロンティア電子理論」も寝床の中で思いついたということです。

 湯川博士が有馬の別荘に行った時、ちょうど台風が上陸してきてガタガタと雨戸が鳴り止まず、なかなか寝つかれずに、うつらうつらとまどろんでいる時に、博士の頭に「中間子論」のアイデアがわき出てきたといわれます。福井博士も病床で発想したといいます。強い問題意識が両博士の頭の中にあり、それがまどろんでいる時にも、しっかりと働いていたから発想したのでしょう。

 

3.固定観念から抜け出せ

 私たちは、物にも人に対しても、すぐにレッテルをはりがちです。身近な例として、ホッチキスは書類をとめる道具ですが、壁に紙をとめるための画鋲としても利用できます。マーカーペンは筆記具ですが、停電などの時、とっさにローソクのかわりに用いることもできます。このように物は、本来の利用以外に、さまざまな利用法が考えられます。しかし、私たちはいったんレッテルを貼るとその観念からなかなか抜け出せません。何とかして物事に対する固定観念をなくすことが大切です。 

 コカコーラのビンを考えた瓶製造工のケップルマン・ルートは、そのアイデアで10億以上の権利料を得たといわれます。1923年のある日、新しいビンのアイデアを考えるのに夢中で、うわの空のままルートは恋人とデートしました。恋人は、当時大流行していた腰の部分をふくらまし、裾つぼみのポップルスカートでめかしこんできました。その有り様を見てルートは、「今までのコーラのビンはどの会社のものもありふれている。そうだ、このスカートのような形のものにしたらいい」と思いつき、こうして形がしゃれて、中身がたっぷりに見え、握りやすく、すべらない今のビンの形を考えたのです。

 強烈な問題意識をもち、執念をもって問題を追求する。そして、他方では次々と思考を変え、切り口をさがしてゆく。企画マンにはそんな二面思考が必要です。こんな姿勢さえあればすべてのビジネスマンは企画マンになれるのです。



アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(たかはし まこと) / 専門家A / 株式会社創造開発研究所

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!
「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。 続きを読む

アイデア発想法」の他の技法解説記事
  • 技術者・研究者のための「前に進む発想法」

    1.技術者・研究者は頭が固い  技術者・研究者は、コチコチ頭の人が少なくありません。思い込みや固定観念にとらわれ、よく壁にぶつかっています。「専門バカ」「技術バカ」と言われるように、自分の専門や技術的なことにしか目を向けないからです。 …

  • 創造性検査とは

    1.創造的人材の特徴とは  創造的人材を考えるために、まず創造性とは何かをはっきりさせておくことが必要です。私は創造性を次のように定義しています。  「創造性とは、情報と情報の統合により新しい価値を生み出す態度や能力をいう」  創造的人材とは…

  • 集団での問題解決ふたつのアプローチ

    1.集団での問題解決ステップについて  下の図1は私がまとめた集団での問題解決ステップ論であり、次の5つからなっています。   ①問題提起(問題を定義づける)  ②問題把握(問題自体を分析する)  ③課題設定(解決すべき課題を決める)  ④…

  • アイデア発想法、シネクティクス法の進め方

    1.潜在意識を利用する  シネクティクスという言葉は、「異なった一見関係のないものを結びつける」といった意味のギリシャ語からの造語です。  創始者のウィリアム・ゴードンははアメリカの代表的シンクタンク、アーサー・D・リトル社で新商品開発のプロセ…

ものづくりスマートサーチ
アイデア発想法」の活用事例
  • 自然界をヒントにした発想事例1 -ベンゼン核、座標軸、万有引力-

     自然界の現象を見て科学法則を思いつく事例はたくさんあります。そのなかのいくつかを紹介していきましょう。   1.ヘビがとぐろを巻く夢からベンゼンの構造式を発見したドイツの化学者、フレデリック・ケクレ  ドイツの化学者F・A・ケクレは、化学的に…

  • 必要は発明の母-万年筆とボールペンのアイデア発想事例

    1.万年筆のアイデア発想   万年筆の逸品として名高いウォーターマン。これを開発したのがアメリカ人の発明家にして製造業者のルイス・エドソン・ウォーターマンです。  彼がセールスマンで、契約書に顧客のサインをもらう際、よく万年筆のインクが流れ出し…

  • 屋内外で発見したことからの発想事例1 -蛍光紙、牛の解体-

    1.暗い部屋の片隅で蛍光紙が発光しているのを見て、X線を発見した、ドイツの物理学者 ウィルヘルム・コンラッド・レントゲン  X線の発見は、現代物理学の出発点となる画期的な出来事です。発見したドイツの物理学者レントゲンの名にちなみ、X線は今でも…

  • 寝床はひらめきを生むゆりかご

    1.すがすがしく目覚めたベッドの上で、相対性理論を発見したアルベルト・アインシュタイン  アインシュタインが相対性理論を発見したのは、ベルンの特許局に技師として勤めていた26歳のときでした。ある朝、目を覚ました彼は、すがすがしい気分でしばらくベッ…


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら