サプライチェーンの戦略的経営モデル -人間系と情報技術(ICT)の融合-

 生産財メーカーの今後の経営モデルをサプライチェーンの原理原則からみると、熟練をベースとした人間系と情報技術(ICT)の融合といえます。「BTB(ビジネス・ツー・ビジネス)では顧客に製品を提供するのではなく、儲かるソリューションを提供することが重要である」と、IBMの業績を回復させたルイス・ガースナー最高経営責任者は言っています。なお、ガースナーは「技術そのものが企業収益を上げるわけではなく、顧客にメリットを出すことで収益に繋がる」という直裁的なメッセージを出しIBMの業績回復に成功しました。

 組織的に自律的熟練度を上げる仕組みを作りあげること、そしてサプライヤーと顧客がインターネットでつながるデータベースをプラットフォームにするサプライチェーンにより自社の強みをさらに強化させること、これら2点によって「儲かるソリューションを提供する」ことができます。図1に示すように、顧客満足度という目標の共有化、そして社内外にわたるサプライチェーン上の関係者の情報共有とその可視性向上が、創発現象を生むことにより、強い組織を作るのです。

 

サプライチェーンマネジメントにおける情報共有と分権組織

図1.サプライチェーンマネジメントにおける情報共有と分権組織

 バーチャルインテグレーションのパートナーとしての金型・工作機械などの生産財メーカーにとっては、如何に自社を顧客のサプライチェーンのなかにポジショニングするかがキーとなるでしょう。 

 米国ソレクトロンのようにサプライチェーンマネジメントを巧みに仕組んで急成長している企業は、生産財メーカーに何を求めているかという質問からすべてがはじまります。筆者がコーディネーターとして参加した米国サプライチェーンマネジメント視察ツアーでソレクトロンを訪問しました。この訪問により衝撃的に受けとめたのは、サプライチェーンのどの部分であっても情報ネットワークのインフラがアウトソーシングのマネジメントを容易にすること、そしてタイムベース競争力の差別化がバーチャルインテグレーションの構築により促進されることでした。


この記事の著者

今岡 善次郎

在庫が収益構造とチームワークの鍵を握ります。人と人、組織と組織のつながり連鎖をどうマネジメントするかを念頭に現場と人から機会分析します。

・製品構成・生産・販売の全体のつながりSCM(サプライチェーンマネジメント)の中でキャッシュ収益を改善します。 ・サプライチェーンマネジメントの源流にトヨタ式経営を求め、そのさらに源流としてドラッカー経営に行きました。 ・マネジメント…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「今岡 善次郎」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!