ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 創造的な可能性とは

アイデア発想法」の技法解説記事


創造的な可能性とは

1.創造の定義

 私たちが取り組む問題の多くは、解答が一つしかないものではなく幾つもある、つまり創造的な問題です。定型化された問題をいくらスピーディーに解決できたとしても、その人は決して創造的な人とは呼べません。一筋縄ではいかない、解答がいくらでもありそうな問題、そして最もよい解答が何なのかわかりにくい問題を解決できる人こそ、創造的な人といえるでしょう。

 では、創造とは一体どういう意味なのか、ここで定義しておきましょう。創造性の研究者約400名から成る、日本創造学会という学会があります。その会員達は私が「創造とは何か」というアンケートを行い、83名から回答をいただきました。次の定義は、私自身のその回答です。

 『創造とは異質な情報を組合せ統合し、社会や個人にとって新しい価値を生むこと』

 私がこの定義の中でいいたかったことは3つあります。第1には、創造は情報の組合せということです。ここでいう情報は、自分自身のもつ知識ということもありうるし(内部情報)、書物や外で見た現象など(外部情報)ということもあります。これらの情報を組み合わせて、その組合せが最終の答えとして統合されたものであることが第1条件です。

 では「社会や個人にとって新しい価値」という意味は何でしょうか。アブラハム・マズローという心理学者は、創造性を「自己実現の創造性」と「特別才能の創造性」というように区分しています。例えば、子どもにとっての創造性など、大人から見ればチャチなものでしょう。しかし、その子どもにとっては、まぎれもなく新しい価値があるものです。

 人には、それぞれ固有の創造性がありますし、誰でも創造性を伸ばすことは可能です。ですから、創造性を教育の観点から考えると、創造は社会レベルだけでなく、個人レベルでも考える必要があるのです。そして「新しい価値」、つまり従来とは異なった解決策であることが、創造という言葉には含まれています。

2.創造性とは可能性

 次に「創造性」というのは、「創造的な可能性」と考えられています。ですから個人で言えば、創造性のある人とは、創造する可能性を持った人といえます。問題を解決するには、どうしてもこの創造性は欠かせないし、企業もその能力を必要としているわけです。

 問題を事前に発見する力、問題解決に際し多くの角度からヒントを探し出す力、そして解決のために粘り強く挑戦する態度。このように「創造性」という言葉には、思考力から性格、態度といった全人格的な可能性が含まれます。ですから真の問題解決者には、創造性は絶対に欠かせません。


アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(たかはし まこと) / 専門家A / 株式会社創造開発研究所

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!
「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。 続きを読む


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら