生産管理システムはどうあるべきか 【連載記事紹介】

MRP

 

生産管理システムはどうあるべきかの連載記事が無料でお読みいただけます!

 

◆何が生産管理システムの利用を難しくしているのか

生産管理システムを使いこなすためには、自社工場の生産特性を頭に入れておくことが重要です。この連載記事では、部品加工工場の生産管理システム活用を難しくしている理由を解説しています。

 

◆ロットまとめ生産が基本となっている

中堅規模の部品加工工場ではワーク(加工部品)をロット単位で数量まとめして加工しているところが多いわけです。ワークを数量ロット単位で通い箱やかご車などに入れて各製造工程間を移動させます。各製造工程では前の工程から届いたロットのワーク加工を行い、終了したら次の工程に流します。この製造方法は部品加工工場では当たり前のように見掛ける光景です。ところが、部品補充システムから発展してきたMRP生産管理システムは在庫補充型生産を基本としているためロットまとめ生産との相性が悪いのです(下図)

 

MRP

 図. MRPによる工程在庫補充と問題点

 

生産管理システムはどうあるべきかについて、ものづくりドットコム 登録専門家の本間 峰一氏が詳しく解説しています。

 

【生産管理システムはどうあるべきか 連載記事】

 

 

【執筆者紹介】

本間さん

 

<<この連載を利用の際のお願い>>

ここで紹介する連載の転載は固くお断りします。少人数での個人的な勉強会での使用のみに限定してください。

 

 


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
イノベーション成功のプログラム IPI詳細解説(その2)

 前回のその1に続いて解説します。2015年4月から6回に亘り「イノベーションを成功させるカギ」について書き、この中で、7月には「イノベーション成功のカギ...

 前回のその1に続いて解説します。2015年4月から6回に亘り「イノベーションを成功させるカギ」について書き、この中で、7月には「イノベーション成功のカギ...


原材料の安全在庫と発注点

 需要予測が正確ならば、原材料の安全在庫など不要となりますが、実際は不測の事態に備えて安全在庫を持つことは大切です。とくに東南アジアの子会社や工場ですと、...

 需要予測が正確ならば、原材料の安全在庫など不要となりますが、実際は不測の事態に備えて安全在庫を持つことは大切です。とくに東南アジアの子会社や工場ですと、...


儲かるメーカー改善の急所101項(その23) コミュニケーションのとり方

2.モノづくり〈現場改善の基本〉 ◆ コミュニケーションのとり方  「私たちは自分が何を知らないかを知ることはできません。あれを知らないから週末に...

2.モノづくり〈現場改善の基本〉 ◆ コミュニケーションのとり方  「私たちは自分が何を知らないかを知ることはできません。あれを知らないから週末に...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
伸びる金型メーカーの秘訣 (その11)完全3次元設計

   今回、紹介する金型メーカーは、株式会社Hの工場、金型課です。同課のスタッフは12名。扱う主要製品は、自動車部品が中心であり、製作している...

   今回、紹介する金型メーカーは、株式会社Hの工場、金型課です。同課のスタッフは12名。扱う主要製品は、自動車部品が中心であり、製作している...


中国企業の壁(その32) 中国人と日本人の感覚の違い、外観に対する認識

       外観検査と寸法・特性検査との違いは、寸法・特性検査では図面や検査基準書に従って合否を判断しますが、外観検査の場合、検査員が自分の判断基...

       外観検査と寸法・特性検査との違いは、寸法・特性検査では図面や検査基準書に従って合否を判断しますが、外観検査の場合、検査員が自分の判断基...


金型の組み立てを効率的に行う方法について

        今回は金型の組み立て作業を効率的に行う方法について解説します。この工程は、確認することも多く...

        今回は金型の組み立て作業を効率的に行う方法について解説します。この工程は、確認することも多く...