ホーム > 技法解説 > サプライチェーンマネジメント > 顧客と競合と市場のサプライチェーン三角関係

サプライチェーンマネジメント」の技法解説記事


顧客と競合と市場のサプライチェーン三角関係

 重要なのは顧客のデマンドチェーンやバリューチェーンである、と説くまでならよいですが、サプライチェーンは供給者の論理にすぎないとの行き過ぎた説を見かけることがあります。しかしデマンドチェーン概念の意味自体に疑問を持たざるをえません。これは同じ物をどちらから見るかの問題であり、デマンドとサプライはコインの両サイドだからです。

 需要(デマンド)の連鎖は発注情報伝達の連鎖だけです。一方、供給業務の連鎖は意味が明確で、デマンドを連鎖させずに最終ユーザーに直結させる重要な点があります。

 勝ち残りの手段は、競合相手より高い満足度で市場における顧客のデマンドを、どんなもの(製品戦略)をどんな方法でどんな価格で供給するか(サプライチェーン)について決定することにあります。一律に定義できないものが経営のベストプラクテスなのです。

 生き残る企業でも無限のライフサイクルをもつことは決してあり得ません。サプライチェーン上において物流量が限られているか、もしくは減少する時代、すなわちGNPが増大し続けることが当然ではなくなった現代において、生き残れるかどうかの分かれ目に必要な認識は、自社に物と金が流れるかどうかということです。

 サプライチェーン上におけるベストプラクテスの「ベスト」の定義は、市場でゲームに参加しているプレーヤーの技の相対的優位性で決まります。サッカーや野球のゲームで競争相手よりも下手であれ

サプライチェーン上の三角関係
ば、以前よりうまくなっても勝てないのと同じです。財務ベンチマーキングに表示される、財務状態に最終的な企業の勝敗が表されます。

 サプライチェーン上で三角関係になっている競争相手と顧客と自社を右図に示しました。最近のインターネットなどの情報ネットワーク技術を駆使することで実行可能となるサプライチェーン時代に対応したスピード経営が求められています。経営戦略の出発点は、どんな製品をどんな方法で提供できるかを、わがままで気まぐれな顧客(読者は御自身のことを考えれば納得されるでしょう)を対象に検討するところにあります。


サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「今岡 善次郎」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(いまおか ぜんじろう) / 専門家A / 株式会社ビジダイン

在庫が収益構造とチームワークの鍵を握ります。人と人、組織と組織のつながり連鎖をどうマネジメントするかを念頭に現場と人から機会分析します。
・製品構成・生産・販売の全体のつながりSCM(サプライチェーンマネジメント)の中でキャッシュ収益を改善します。 ・サプライチェーンマネジメントの源流にトヨタ式経営を求め、そのさらに源流としてドラッカー経営に行きました。 ・マネジメント教材「成果を上げる」仕事の設計15の「原理」を開発。 ・業… 続きを読む


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら