事務間接部門の5S活動 を継続させる意識づけ

5S

 

【この連載の前回:5S活動と「新5S思考術」の違いへのリンク】

今回のおはなしは、私たちが提唱する「新5S思考術」をあらためて紹介しながら、事務間接部門の5S活動 を継続するためのコツについておはなしします。事務間接部門の5S活動 を継続し、成果を出し続けるコツです。

 

1.事務間接部門の5S活動 は長続きせず停滞やすい

事務間接部門の5S活動 は

  • モノを捨てる
  • モノを片付ける
  • モノを並べ替える

などの、活動が中心に行われるケースが多い様です。

 

ところが、これらの活動は、「長続きせず停滞しやすい」という特徴があります。あなたの職場でも、事務間接部門の5S活動 が長続きせず、停滞してしまったことはありませんか?確かに、作業現場に比べると整理対象も清掃対象も少なく、5S活動が停滞しやすいロケーションです。事務間接部門の5S活動 を継続させるには、どのような意識を持てば良いのでしょうか?

 

2.事務間接部門は、作業現場と意識する対象が異なる

事務間接部門の5S活動 は、作業現場と意識する対象がちがうのです。

 

事務間接部門では、書類や文具などの『もの』を扱います。また、その他に『情報』を多く取り扱う部門であります。その情報は、手順に従い処理され、付加価値を増大させたり、解りやすさをすすめて、アウトプットされます。

 

この情報処理を行うとき、スムーズに行うことができると、イライラやストレスも少なく業務効率も高く維持することができます。ところが複雑な手順で処理を進めると、イライラ感やストレスが増大します。このイライラやストレスは、業務ミスが増えたり、エンゲージメント(仕事への満足度)の低下をまねきます。

 

新5S思考術では、これらのイライラやストレスを低減するよう「整理・清掃・整頓・清潔・躾」を進めます。単なる”お片付け”ではありません。また、新5S思考術では「気付き力を高める」ことも目的としています。よって「イライラの源」や「ストレスの源」に気付くよう、活動を進めることが大切です。

 

3.「にくい」を「やすい」に改善する

具体的には「にくい」を探すことに集中して活動を進めることになります。

 

例えば

  • 読みにくい
  • 解りにくい
  • 計算しにくい
  • 照合しにくい
  • 参照しにくい

などです。

 

事務間接部門では、日頃の業務に”にくい”が隠れてしまい、気付くケースが少ないようです。これらを気付きやすくするためモノを片付けたり、清掃をすすめます。

 

そして、「読みにくい」などのプロセスを「読みやすい」に改善することでイライラを低減しワークエンゲージメントも高めるよう活動を進めます。これが『新5S思考術』です。

 

  • 処理プロセ...

5S

 

【この連載の前回:5S活動と「新5S思考術」の違いへのリンク】

今回のおはなしは、私たちが提唱する「新5S思考術」をあらためて紹介しながら、事務間接部門の5S活動 を継続するためのコツについておはなしします。事務間接部門の5S活動 を継続し、成果を出し続けるコツです。

 

1.事務間接部門の5S活動 は長続きせず停滞やすい

事務間接部門の5S活動 は

  • モノを捨てる
  • モノを片付ける
  • モノを並べ替える

などの、活動が中心に行われるケースが多い様です。

 

ところが、これらの活動は、「長続きせず停滞しやすい」という特徴があります。あなたの職場でも、事務間接部門の5S活動 が長続きせず、停滞してしまったことはありませんか?確かに、作業現場に比べると整理対象も清掃対象も少なく、5S活動が停滞しやすいロケーションです。事務間接部門の5S活動 を継続させるには、どのような意識を持てば良いのでしょうか?

 

2.事務間接部門は、作業現場と意識する対象が異なる

事務間接部門の5S活動 は、作業現場と意識する対象がちがうのです。

 

事務間接部門では、書類や文具などの『もの』を扱います。また、その他に『情報』を多く取り扱う部門であります。その情報は、手順に従い処理され、付加価値を増大させたり、解りやすさをすすめて、アウトプットされます。

 

この情報処理を行うとき、スムーズに行うことができると、イライラやストレスも少なく業務効率も高く維持することができます。ところが複雑な手順で処理を進めると、イライラ感やストレスが増大します。このイライラやストレスは、業務ミスが増えたり、エンゲージメント(仕事への満足度)の低下をまねきます。

 

新5S思考術では、これらのイライラやストレスを低減するよう「整理・清掃・整頓・清潔・躾」を進めます。単なる”お片付け”ではありません。また、新5S思考術では「気付き力を高める」ことも目的としています。よって「イライラの源」や「ストレスの源」に気付くよう、活動を進めることが大切です。

 

3.「にくい」を「やすい」に改善する

具体的には「にくい」を探すことに集中して活動を進めることになります。

 

例えば

  • 読みにくい
  • 解りにくい
  • 計算しにくい
  • 照合しにくい
  • 参照しにくい

などです。

 

事務間接部門では、日頃の業務に”にくい”が隠れてしまい、気付くケースが少ないようです。これらを気付きやすくするためモノを片付けたり、清掃をすすめます。

 

そして、「読みにくい」などのプロセスを「読みやすい」に改善することでイライラを低減しワークエンゲージメントも高めるよう活動を進めます。これが『新5S思考術』です。

 

  • 処理プロセスの整理を進める(整理で見える化)
  • 処理プロセスの”にくい”を探す(清掃で気付き)
  • ”にくい”を”やすい”に改善する(整頓で改善)

 

事務間接部門の5S活動 は、作業現場と意識する対象がちがうのです。5Sを指導するリーダーは、これらを理解した上でリーダーシップを発揮する必要があるのです。

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

坂田 和則

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。 等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。 問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。 等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。 問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!


「5S」の他のキーワード解説記事

もっと見る
整理・清掃 ・ 整頓で、集中力を高めよう

  【この連載の前回:事務間接部門 で新5S思考術を活用した、ムリ・ムダ・ムラの取り除きへのリンク】 作業現場でもオフィスでも「 整理・...

  【この連載の前回:事務間接部門 で新5S思考術を活用した、ムリ・ムダ・ムラの取り除きへのリンク】 作業現場でもオフィスでも「 整理・...


メンタルモデル でムダを清掃する

  【この連載の前回:清掃でなぜ組織は成果が出せるのか?へのリンク】 前回は、 思考を磨き上げるための清掃を展開することで、 問題検出や...

  【この連載の前回:清掃でなぜ組織は成果が出せるのか?へのリンク】 前回は、 思考を磨き上げるための清掃を展開することで、 問題検出や...


作業環境:5S、ムダ(その8)表示標識でも現場改善の力になる

   工場の経営者から現場の従業員の方を対象として「作業環境:5S、ムダ」をテーマに連載で解説します。固定観念を打ち崩しながら現場改善に留...

   工場の経営者から現場の従業員の方を対象として「作業環境:5S、ムダ」をテーマに連載で解説します。固定観念を打ち崩しながら現場改善に留...


「5S」の活用事例

もっと見る
国際生産成功のための基本的要点(その10)

全9回をお読み下さりありがとうございます。 まず、前回最終回のクエスチョンの解答例です。 問題は「海外で活躍できる人材をどのように育てていますか? (...

全9回をお読み下さりありがとうございます。 まず、前回最終回のクエスチョンの解答例です。 問題は「海外で活躍できる人材をどのように育てていますか? (...


海外における品質問題解決事例

 筆者が初めて海外技術協力に携わった当時、現地でも統計的品質管理(SQC)は取り入れられていましたが、Japan as No.1といわれた日本に比べあまり...

 筆者が初めて海外技術協力に携わった当時、現地でも統計的品質管理(SQC)は取り入れられていましたが、Japan as No.1といわれた日本に比べあまり...


製品・技術開発力強化策の事例(その28)‐5Sの推進でコストダウンを図る

◆5Sの意義  前回のその27に続いて解説します。「整理、整頓、清掃、清潔、習慣(躾)」を総称して5Sと言い、これらを確実に励行すると、ムダな動...

◆5Sの意義  前回のその27に続いて解説します。「整理、整頓、清掃、清潔、習慣(躾)」を総称して5Sと言い、これらを確実に励行すると、ムダな動...