設備総合効率(OEE)とは

 

 

1.はじめに

生産設備を対象とした設備稼働管理では、生産効率を最大にすることが目標となっています。実際に改善活動を行うことで、生産効率を飛躍的に高めた例は数多くあります。このような改善活動の手法として広く知られているのがTPMです。 TPMでは生産活動に存在するロスを発見して、それを低減・削除することが活動の主眼となっています。

しかしながら、設備がどれだけ有効に使われたかを測る物差しがありません。そこで考え出されたのが設備総合効率OEE(Over Equipment Efficiency)です。OEEはプラントのようなプロセス型産業ではなく、組立や加工といったディスクリート型産業で使用されます。

OEEを使用することで、改善前後での効果の確認や、他部門・他社との横の比較などを定量的に行うことができるようになります。またOEEを細かく分析することで、どこが弱点か、どこを改善するべきかも見つけることが出来ます。今回は、この設備総合効率OEE(Over Equipment Efficiency)を解説します。

2.OEEの定義

生産性は、端的に言えば決められた時間での生産数で示すことが出来ます。しかしながらそれだけでは、目標生産性に到達しない場合の問題特定をすることが出来ません。そこで考えられたのがOEEです。OEEでは、時間稼働率x性能稼働率x良品率 の掛け算で成り立ちます。


・時間稼働率:稼働可能時間の内、いかに停止時間(異常停止、段取り替えなど)
       が少なく稼働できたかの指標
・性能稼働率:正味稼働できた時間中に、いかに標準どおりのタクトタイムで生産
       できたかの指標
・良品率:  作った物の内、不良品ロスの少なさの指標

 

TPM

 

これにより、同じOEEでも速度低下が多いため目標未達なのか、不良品が多いため未達なのか、原因を突き止めることができるようになります。

なおOEEは、段取り替え回数の頻度によって、大きく影響を受けます。つまり生産設備はいつもどおりですが、生産計画によりOEEが影響を受けることを意味します。これでは製造部門として、現状が正常か異常かを説明することが出来ません。そこで、製造部門は段取り替えロス時間は除外した指標で管理する方法もあります。

3.OEEの目安

OEEはどこまで目指すものなのでしょうか。リソースに限りがある中、一定の水準まで到達したら、省人化など他の改善に目を向けたいですよね。そこで、どの程度のOEEなら目指すことができるのかの目安を知りたいことと思います。

日本では各社のOEEを知るすべはありませんが、アメリカでは生産システムの学会やシンポジウム等があり、OEEをすることが出来ます。ITベン...

 

 

1.はじめに

生産設備を対象とした設備稼働管理では、生産効率を最大にすることが目標となっています。実際に改善活動を行うことで、生産効率を飛躍的に高めた例は数多くあります。このような改善活動の手法として広く知られているのがTPMです。 TPMでは生産活動に存在するロスを発見して、それを低減・削除することが活動の主眼となっています。

しかしながら、設備がどれだけ有効に使われたかを測る物差しがありません。そこで考え出されたのが設備総合効率OEE(Over Equipment Efficiency)です。OEEはプラントのようなプロセス型産業ではなく、組立や加工といったディスクリート型産業で使用されます。

OEEを使用することで、改善前後での効果の確認や、他部門・他社との横の比較などを定量的に行うことができるようになります。またOEEを細かく分析することで、どこが弱点か、どこを改善するべきかも見つけることが出来ます。今回は、この設備総合効率OEE(Over Equipment Efficiency)を解説します。

2.OEEの定義

生産性は、端的に言えば決められた時間での生産数で示すことが出来ます。しかしながらそれだけでは、目標生産性に到達しない場合の問題特定をすることが出来ません。そこで考えられたのがOEEです。OEEでは、時間稼働率x性能稼働率x良品率 の掛け算で成り立ちます。


・時間稼働率:稼働可能時間の内、いかに停止時間(異常停止、段取り替えなど)
       が少なく稼働できたかの指標
・性能稼働率:正味稼働できた時間中に、いかに標準どおりのタクトタイムで生産
       できたかの指標
・良品率:  作った物の内、不良品ロスの少なさの指標

 

TPM

 

これにより、同じOEEでも速度低下が多いため目標未達なのか、不良品が多いため未達なのか、原因を突き止めることができるようになります。

なおOEEは、段取り替え回数の頻度によって、大きく影響を受けます。つまり生産設備はいつもどおりですが、生産計画によりOEEが影響を受けることを意味します。これでは製造部門として、現状が正常か異常かを説明することが出来ません。そこで、製造部門は段取り替えロス時間は除外した指標で管理する方法もあります。

3.OEEの目安

OEEはどこまで目指すものなのでしょうか。リソースに限りがある中、一定の水準まで到達したら、省人化など他の改善に目を向けたいですよね。そこで、どの程度のOEEなら目指すことができるのかの目安を知りたいことと思います。

日本では各社のOEEを知るすべはありませんが、アメリカでは生産システムの学会やシンポジウム等があり、OEEをすることが出来ます。ITベンダーのSage社によると、下記のように水準を分けられるようです。当然ながら、業界間で大きく異なりますので、目安程度ですが、80%を超えると高いレベルにあると言えます。

 

TPM

 

4.OEE改善の施策

現状のOEEがわかり、目標OEEを設定すれば、次は改善方針を立てなければなりません。高いレベルであれば、主にチョコ停が足を引っ張っていることと推察できます。一方で低レベルの場合は、往々にしてロスやトラブルの情報を収集できていない状態です。まずは可視化から始めるべきでしょう。

 

TPM

 

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

松宮 恭一郎

現状維持バイアスから抜け出し、全体最適を。 一緒に考える伴走型コンサルティングで理想の姿に導きます。

現状維持バイアスから抜け出し、全体最適を。 一緒に考える伴走型コンサルティングで理想の姿に導きます。


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
在庫を利用して購入コストを下げるには(その1)

1.製造原価計算の考え方  最初に、次のような事例を考えてみて下さい。       製品Aの1個あたり製造原価=2万円     材料費:...

1.製造原価計算の考え方  最初に、次のような事例を考えてみて下さい。       製品Aの1個あたり製造原価=2万円     材料費:...


ヒューマンエラー対策を考える(その3)

 前回のその2に続いて解説します。 ◆関連解説『ヒューマンエラーとは』   1.ヒューマンエラー(ポカミス)オフィス業務の課題 &nbs...

 前回のその2に続いて解説します。 ◆関連解説『ヒューマンエラーとは』   1.ヒューマンエラー(ポカミス)オフィス業務の課題 &nbs...


儲かるメーカー改善の急所101項(その68)多品種生産改善のポイント

  6、強いモノづくり ◆ 多品種生産改善のポイント  日本の高度成長期の大量生産要求に対応するため、製造業は改善で生産スピードを上げ...

  6、強いモノづくり ◆ 多品種生産改善のポイント  日本の高度成長期の大量生産要求に対応するため、製造業は改善で生産スピードを上げ...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
伸びる金型メーカーの秘訣 (その4)中小企業に適した5S:前編

   今回取り上げる金型メーカーは、愛知県にあるS製作所です。同社は、主に自動車の燃料タンクやブレーキの油圧等で使用されるプラスチック製品の金...

   今回取り上げる金型メーカーは、愛知県にあるS製作所です。同社は、主に自動車の燃料タンクやブレーキの油圧等で使用されるプラスチック製品の金...


中国企業の壁(その45) 理由教育とは(その1)

        以前訪問した日系中国工場では、工程で定期的にチェックしなければならない項目のチェックが出来ていないという問題がありました。   ...

        以前訪問した日系中国工場では、工程で定期的にチェックしなければならない項目のチェックが出来ていないという問題がありました。   ...


中国企業の壁(その24)中国式金型のショット数管理

        一般的に金型の寿命管理は、ショット数管理と出来栄え管理の両面で行います。    ショット数管理は、あらかじめ生産数量(ショット数...

        一般的に金型の寿命管理は、ショット数管理と出来栄え管理の両面で行います。    ショット数管理は、あらかじめ生産数量(ショット数...