「商品企画七つ道具」を使ってヒット商品を目指すには

 顧客の購買行動を観察調査し,何が求められているかを調査して, 自社の強みと合致させて新商品を企画していくというのが,商品企画の一般的な方法です。 「お客様の声」を徹底して調べ上げて商品企画を行うために 「商品企画七つ道具」を使ってヒット商品を目指します。

顧客の声を生かした商品 商品企画七つ道具の中で、

 1.インタビュー調査

 2.アンケート調査

 3.ポジショニング分析

 6.コンジョイント分析

これらは,顧客となるお客様に対して調査をします。 つまり,顧客が買いたいのかを常に確認していることが,ヒット商品に繋がる鍵です。 作り手側の意向と消費者のニーズを常に意識して企画を進めてゆくので,商品企画を成功に導きます。

また商品企画七つ道具の中で、

 2.アンケート調査

 3.ポジショニング分析

 6.コンジョイント分析

これらの手法は,統計的分析手法を商品企画に応用しています。 そのため,統計的な考え方や見方が必要です。 企画を進める際に,このアイデアは売れるのではないかと主観的な意見で企画が進むことがあります。 担当者の主観や社長の主観が,本当に当たっていれば問題はありません。 この商品は70%のターゲットが買ってくれる。 買いたい意向を5段階評価で評価して,500人の回答の中で平均値が3.90点であった。 このような数値で証明されると,企画案に魅力度が増します。 このように統計的手法を用いた調査で検証を行い,本当に買ってもらえるか検証する際に, データを用いて集計や分析を行います。 更に応用的な視点から,多変量解析を用いた分析をマーケティングに取り入れ, ポジショニング分析では因子分析と重回帰分析,コンジョイント分析では数量化Ⅰ類を活用します。


この記事の著者

石川 朋雄

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。

商品企画七つ道具(P7)を活用した顧客視点の商品企画コンサルティングを行います。この根幹は「顧客価値追求の仕組み」を提案致します。 企画の流れは顧客の声を的確に仮説構築(インタビュー調査)を行います。仮説案を元に顧客の声と商品の客観的な…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「商品企画7つ道具」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン