シングル段取りとワンタッチ段取りとは

 

生産革新の最重要取組みの一つに、段取り改善、段取り時間の短縮があります。

段取り改善の手法において、「シングル段取り」とは段取り替えを10分未満で行うこと、「ワンタッチ段取り」とは秒単位、つまり59秒以内で行なう改善のことをいいます。

 

段取り改善のポイントはつぎのとおりです。

 

  ①内段取り/外段取りの区分:内段取り作業と外段取り作業を明確に区分します。

  ②外段取り化:内段取り作業の外段取り化を徹底的に行ないます。

  ③内段取り時間の削減:内段取り時間を削減するため、治工具の取りつけ・取りはずし作業の簡素化、調整作業の排除、カセット方式の採用、並行作業の実施など、徹底して作業改善を行ないます。 (以下④~⑥)     

  ④調整作業の排除:高精度の治具や簡単なセッティング法を開発し、調整作業の排除を進めます。

  ⑤ネジの廃止:金型や刃物を取りつけるのに、一般にネジが使われますが、段取り替え作業で、ネジを締めたり、ゆるめたりする作業は時間を食うムダ作業と言えます。

 ネジは物を固定するのに使うわけですが、物を固定する方法は、ネジだけではなく、たとえば、カムによる締付けやアリ溝の嵌合による固定などがあります。

  ⑥最小公倍方式の採用:最小公倍方式とは、ある機械で取り扱うワークや部品を加工するために必要な何種類かの刃物や金型を、事前に取りつけておき、必要に応じワンタッチで切りかえる方式です。

5s11

 

 

★★★ この著者の5SセミナーがDVDになりました! ★★★
 https://www.monodukuri.com/dvd_library/detail/3/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


この記事の著者

秋山 高広

究極のムダゼロ生産を目指して!JIT生産/セル生産構築、5S活動支援から生産管理・原価管理システム構築まで多様な支援メニュー。1日工場診断、短期改善支援、1年以上の生産革新支援まで何なりとご相談ください!

ご案内:秋山さんの大人気5SセミナーがDVDになりました! 徹底的に成功事例に学ぶ!「5Sの導入と強化」 http://www.monodukuri.com/dvd_library/dt/3

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「IE」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「秋山 高広」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン