アイデア発想法とは(その4) アナロジー発想法とは

 商品企画七つ道具では、ポジショニング分析で得られた方向で、アイデアを出すことが重要です。アイデア発想法の中でアナロジー発想法について解説します。
 

1. アナロジー発想法とは

 アナロジー発想法は、逆設定法、システム・アナロジーを組み合わせて、発想しやすくしたものです。既存商品では、飽き足らない顧客を想定し、常識を覆すような画期的なアイデアを創造するときに用いる発想法です。革新的、斬新なアイデアが欲しいときに有効です。
 

◆常識を覆した商品例

・傾斜がついたウォーキングシューズ
  通常の靴は平面ですが、傾斜がつくことによって運動量が増します。
・消せるボールペン
  ボールペンのような書き心地でありますが、文字が消せます。
・蒸気が出ない炊飯器
  機密性が高い住宅では蒸気が邪魔
・タレや辛子が小袋に入っていない納豆
  小袋を切りにくい、納豆の上に被さるフィルムがない納豆
・柔らかいガム
  若者のガム離れはあごが疲れるから
・ノンアルコールビール
  飲みたいけど飲みたい
・糖質ゼロ缶コーヒー
  味はしっかりしているが糖類はゼロ
 
 実は常識を覆した商品は世の中に溢れています。
 

【アナロジー発想法の特徴】

① 現状を打破する創造的なアイデアが出ます。前述の焦点発想法と比較するとわかりやすいです。
② 思考プロセスが明確で手順化されているので、第三者にもアイデアが理解しやすい。
③ アナロジー(類比)を提示することで、アイデアに説得力がでます。
 
アイデア発想法
 

2. アナロジー発想法の手順

① テーマを決めます。
 既存商品を脱却し、創造的なアイデアを必要とするテーマにしましょう。
② 商品の常識的な機能や特徴を列挙します。
 顧客から普段は当たり前と思っている点を列挙します。特に、不満として上がった特徴を入れます。商品企画七つ道具ではインタビュー調査やアンケート調査から得られた項目から選びます。
 
アイデア発想法
 
③ 常識を一旦否定し逆設定します。
 常識の逆を敢えて書きます。内容は当然非常識な内容になります。
④ 問題点を挙げます。
 逆設定したので、大きな問題点が考えられます。その問題点を列挙します。通常常識を否定しているので問題だらけになります。
⑤ キーワードを設定します。
 問題点に対する解決策を列挙します。解決するための考え方でも構いません。直感を大切にして連想ゲームのように実施しましょう。
⑥ アナロジーを考えます。
 キーワードから、全く異質な分野でキーワードをメリットにしている対象を考えます。これまでにない商品のヒントを別な分野に求めます。これをアナロジー(類推、類比)といいます。
 
アイデア発想法
 
⑦ アイデアを発想します。
 テーマとキーワードを結びつけてアイデアを発想します。キーワードが本質的に意味することをアイデアに置き換えます。
 
アイデア発想法
 

セミナー「高分子材料・製品中の添加剤分析法 :基礎~実践ノウハウまで」

10:30 ~ 16:30 

[東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階G会議室 

47,300円

3. アナロジー発想法の活用

 アナロジー発想法は焦点発想法と比べると、手順が煩雑です。そのため、個人で行うより、グループでワイガヤしながら、実践した方がアイデアが出ます。最初は手順や設定で手間取ることもありますが、慣れてくるとやりやすくなります。新しいアイデアを出すのを目的にどんどん出していきましょう。
 

◆1時間でアナロジー発想法を実践するときの時間配分

・15分でアナロジー発想法の手順を説明します。例題を交えて行うとよいでしょう。
・10分でテーマを決めます。
・10分で常識を埋めていきます。
・20分で常識以降のマスを埋めていきます。
・5分で出てきたアイデアを共有しましょう。
 
 アナロジー発想法は斬新なアイデアを出すのに有効です。是非、活用して下さい。
 
【参考文献】
星野匡著:『発想法入門』、日本経済新聞社、(1989)
神田範明編著:『商品企画七つ道具-新商品開発のためのツール集-』、日科技連出版社、(1995)
神田範明編著:『ヒットを生む商品企画七つ道具 よくわかる編』、日科技連出版社、(2000)
神田範明著:『神田教授の商品企画ゼミナール』、日科技連出版社、(2013)
  

この記事の著者

石川 朋雄

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「焦点発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。