特殊工程の4M変動への対応方法とは

4M
 
 日本の品質が優れていると言われるものの一つとして溶接や熱処理などの特殊技術があります。
 

1. 特殊工程とは

 
 塗装、メッキ、接着、圧着、圧接、溶接・ロウ付け、ハンダ付け、(加)熱処理アニール(焼鈍)、シンタリング(焼結)、鋳造・鍛造、製紙、製鉄などが特殊工程ですが、他にも色々あります。特殊工程で作られたものは、後から目視検査ではその良否の判定が難しいと言う特徴があります。
 
 後から検査ができない工程については、仕事のやり方(製造条件)が正しいことを証明しなければなりません。これが証明できない限り、良品とは判断できないのです。これを工程の「妥当性確認」といいます。
 
 どこの会社も特殊工程がありながら、妥当性確認プロセスがきちんと整備されているとは言えません。今までの安定した品質は、熟練技能者に頼っていたために確保できていました。中国のものづくりの品質が日本のそれにかなわない理由の一つは「特殊工程の品質」と言われています。 中国には日本のように熟練者がいないからです。
 
 検査して良品を選別するという中国の工場の品質管理手法では、「破壊しなければ品質の良否が判定できないもの」は、不良であっても選別できません。数年前に中国市場を揺るがす事故が起きたました。世界的に有名な欧州のある自動車メーカーの高級車で溶接したフレームが外れるというクルマとして致命的な欠陥が発覚したのです。この欠陥を生んだ主因は溶接作業の熟練度の低さにあったと言われています。
 
 一方、日本の自動車部品を供給する中小企業では、その道一筋何十年という知識と経験を積んだ熟練工が担当しており、これが日本車の高い品質を支える一つの要素と言われています。 また溶接ロボットの技術の向上も見逃せません。
 

2. 溶接工程の管理

 
 「特殊工程」の代表である溶接作業について、どのような管理が必要なのかを整理してみます。
 

(1) 適切な溶接方法の選択

 
  溶接方法には様々ありますが、溶接法の特徴、長所・短所について情報を集め生産性の向上と、品質
 確保の点から検討する必要があります。
 

(2) 溶接材料、溶接条件

 
  溶接を行う母材に適合した溶接材料を選定するとともに、材料の保管、取扱い方法を明確にする必要
 があります。溶接作業場所、設備などの環境、溶接を行う姿勢などにも配慮を行います。
 

(3) 溶接要員の教育

 
  溶接技能を持った要員を配置し、定期的に、教育訓練を行い、その技能を確認します。溶接技能者資
 格制度を設け、資格認定者のみが作業を行うようにします。
 

(4) トレーサビリティー管理

 
  万一の事故の場合、原因を調査できるように、溶接品質の記録が残る仕組みを採用し、だれが、い
 つ、何の材料を使って、どのように溶接したかを追跡できるようにします。
 

(5) 試作確認

 
  本作業に入る前に、試験的...
4M
 
 日本の品質が優れていると言われるものの一つとして溶接や熱処理などの特殊技術があります。
 

1. 特殊工程とは

 
 塗装、メッキ、接着、圧着、圧接、溶接・ロウ付け、ハンダ付け、(加)熱処理アニール(焼鈍)、シンタリング(焼結)、鋳造・鍛造、製紙、製鉄などが特殊工程ですが、他にも色々あります。特殊工程で作られたものは、後から目視検査ではその良否の判定が難しいと言う特徴があります。
 
 後から検査ができない工程については、仕事のやり方(製造条件)が正しいことを証明しなければなりません。これが証明できない限り、良品とは判断できないのです。これを工程の「妥当性確認」といいます。
 
 どこの会社も特殊工程がありながら、妥当性確認プロセスがきちんと整備されているとは言えません。今までの安定した品質は、熟練技能者に頼っていたために確保できていました。中国のものづくりの品質が日本のそれにかなわない理由の一つは「特殊工程の品質」と言われています。 中国には日本のように熟練者がいないからです。
 
 検査して良品を選別するという中国の工場の品質管理手法では、「破壊しなければ品質の良否が判定できないもの」は、不良であっても選別できません。数年前に中国市場を揺るがす事故が起きたました。世界的に有名な欧州のある自動車メーカーの高級車で溶接したフレームが外れるというクルマとして致命的な欠陥が発覚したのです。この欠陥を生んだ主因は溶接作業の熟練度の低さにあったと言われています。
 
 一方、日本の自動車部品を供給する中小企業では、その道一筋何十年という知識と経験を積んだ熟練工が担当しており、これが日本車の高い品質を支える一つの要素と言われています。 また溶接ロボットの技術の向上も見逃せません。
 

2. 溶接工程の管理

 
 「特殊工程」の代表である溶接作業について、どのような管理が必要なのかを整理してみます。
 

(1) 適切な溶接方法の選択

 
  溶接方法には様々ありますが、溶接法の特徴、長所・短所について情報を集め生産性の向上と、品質
 確保の点から検討する必要があります。
 

(2) 溶接材料、溶接条件

 
  溶接を行う母材に適合した溶接材料を選定するとともに、材料の保管、取扱い方法を明確にする必要
 があります。溶接作業場所、設備などの環境、溶接を行う姿勢などにも配慮を行います。
 

(3) 溶接要員の教育

 
  溶接技能を持った要員を配置し、定期的に、教育訓練を行い、その技能を確認します。溶接技能者資
 格制度を設け、資格認定者のみが作業を行うようにします。
 

(4) トレーサビリティー管理

 
  万一の事故の場合、原因を調査できるように、溶接品質の記録が残る仕組みを採用し、だれが、い
 つ、何の材料を使って、どのように溶接したかを追跡できるようにします。
 

(5) 試作確認

 
  本作業に入る前に、試験的に溶接を行って、強度テストその他、品質上の確認を実施し記録します。
 
 以上の内容を、「溶接作業手順書」「溶接工程管理規準」に落とし込んで、関係部門関係者に周知徹底します。4M変動管理として、品質保証部門は、溶接作業管理が日常問題なく実施されているか、不良の発生状況はどのように推移しているかを監視します。熟練作業者の確保が、年々困難になって来る状況で、「特殊工程管理」は品質確保上、重要な位置づけになって来ました。
 
 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

濱田 金男

製造業に従事して50年、新製品開発設計から製造技術、品質管理、海外生産まで、あらゆる業務に従事した経験を基に、現場目線で業務改革・経営改革・意識改革支援に取り組んでいます。

製造業に従事して50年、新製品開発設計から製造技術、品質管理、海外生産まで、あらゆる業務に従事した経験を基に、現場目線で業務改革・経営改革・意識改革支援に...


「品質マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
慢性不良への対応 (その2)  偶然のばらつきでも因子を絞れば解析できる

 慢性不良の要因の一つが偶然のばらつきであることを、アルミダイカストの例で前回説明しました。その例では11の因子を自動測定しており、すべてが規則性を持たず...

 慢性不良の要因の一つが偶然のばらつきであることを、アルミダイカストの例で前回説明しました。その例では11の因子を自動測定しており、すべてが規則性を持たず...


中国工場の品質改善(その31) 中国工場の実状を知る、部品・材料について

 前回のその30に続いて解説します。 【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方  この章では、自社中国工場の品質管理の進め方・考え方をお伝えし...

 前回のその30に続いて解説します。 【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方  この章では、自社中国工場の品質管理の進め方・考え方をお伝えし...


4M変化点管理の目的と4つのポイント

 4M変化点管理(4M変動管理)を行う目的は何でしょう。重要なキーワードは「異常」「先手管理」「重点項目」「予測できる変化点」「予測できない変化点」です。...

 4M変化点管理(4M変動管理)を行う目的は何でしょう。重要なキーワードは「異常」「先手管理」「重点項目」「予測できる変化点」「予測できない変化点」です。...


「品質マネジメント」の活用事例

もっと見る
国際生産成功のための基本的要点(その10)

全9回をお読み下さりありがとうございます。 まず、前回最終回のクエスチョンの解答例です。 問題は「海外で活躍できる人材をどのように育てていますか? (...

全9回をお読み下さりありがとうございます。 まず、前回最終回のクエスチョンの解答例です。 問題は「海外で活躍できる人材をどのように育てていますか? (...


クリーンルームの中では、なぜ皮膚のゴミが多いのか

 前回は、防塵衣と髪の毛の事例を解説しました。今回は、なぜ皮膚のゴミが多いのかを考えます。    クリーンルームの中では皮膚のゴミでお困りの工場も多い...

 前回は、防塵衣と髪の毛の事例を解説しました。今回は、なぜ皮膚のゴミが多いのかを考えます。    クリーンルームの中では皮膚のゴミでお困りの工場も多い...


開発業務の進め方(直噴エンジン用ポンプ事例)

 これは私が25年ほど前にデンソーで行っていた開発方法で今とは違いますが、皆さんの参考になればと思い提供します。 ◆関連解説『DR(デザインレビュー:設...

 これは私が25年ほど前にデンソーで行っていた開発方法で今とは違いますが、皆さんの参考になればと思い提供します。 ◆関連解説『DR(デザインレビュー:設...