ホーム > 技法解説 > MTシステム > 様々な特徴量を用いてのMT法解析

MTシステム」の技法解説記事


様々な特徴量を用いてのMT法解析

 MT法は多変量解析法の一種で、結果の信頼性が高く使いやすい手法です。最近は専用のソフトウェアがいくつか用意されていますので、データが揃えばすぐに使うことができます。しかし、パターン認識で採取したデータから特徴量を抽出するところがポイントになります。そこで今回は、MTシステムで提案されている「特徴量」について解説します。
 
 波形解析には、有名なフーリエ解析があります。周波数の解析です。FFT(Fast Fourier Transform)であれば簡単にできるので、周波数に特徴があれば不具合の解析に非常に有効です。しかし、周波数特性の解析ですから、横軸(時間)に対する縦軸(電圧とかの対象特性)の特徴がわかりません。生産現場では稼働初期やランニング時に、異常の前兆が波形から予測できれば効率的な管理が可能です。このため、波形解析に正常と異常の違いが判断できればいいことになります。波形の特徴としては、様々なものがあります。ひとつは最大値です。これが大きく違う場合、警報あるいは動作停止が可能です。最低値についても同様です。
 
 MT法では、特徴量として微分特性とか積分特性がよく使われます。早い話が波形の変化を簡単に評価できる特徴量といえます。
 
         
MTシステム
                        図1.微分特性
     
 図1にて微分特性の例を説明します。横軸は、時間軸、縦軸は電圧です。電圧30のときなら、波形が30のラインを横切るポイント数(赤丸数)が微分特性値です。図1では電圧30の時に4ということになります。同様に、電圧20では9です。up/downの変化を代表するひとつです。
 
                       
MT
               
                        図2.積分特性
 
 積分特性とは、図2のような微分特性で使用した等高線が対象波形を下回っている横軸長の合計と定義します。電圧30では2.1、電圧20では7.2となります。
 
 MT法では、これ以外にも様々な特徴量を用いて解析します。又、横軸のレベルをどう取るかによっても変わってきます。詳細は個別の技術テーマで変わってきます。

MTシステム」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「村島 繁延」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(むらしま しげのぶ) / 専門家A / 村島技術士事務所

QCDはバランスさせるものではなく、全て両立させるものだという信念で向かいます。一石三鳥を狙った成果を目指します。
品質工学は1980年代前半から現在まで800件余りの指導実績があります。又、多変量解析や時系列予測による改善事例も数多く有しています。業種としては半導体はもちろん、射出成形、回路基板形成、通信、ソフトウェアテストにも詳しいです。このなかで、品質工学の誤解されているがための無理解や難しさを把握できた… 続きを読む


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら