界面活性剤の基礎と応用および最新の研究動向

~ 分類・分析・分子構造・活用例 ~

基本的なはたらきや特性を理解し、
目的に沿った界面活性剤の選択や設計などの活用方法を解説します!


講師


名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科
准教授 博士(理学) 片山 詔久 氏

【ご専門】
分子構造学
【学協会】
日本油化学会東海支部 常任幹事(庶務幹事)
日本分光学会近赤外部会 部会長


受講料


■ R&D会員登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。


(まだR&D会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


受講対象・レベル


製造業務にたずさわって2~3年の若手技術者や新人の方


必要な予備知識


特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします


習得できる知識


各種界面活性剤の基礎知識を習得することで、表面張力、ミセル形成、可溶化、乳化など、
界面活性剤の特性に関わる物理化学的な原理やはたらきを理解することができます。


趣旨


 界面活性剤は、その分子構造や物性などからいくつかの種類に分類されます。このような基礎知識を習得することで、各種界面活性剤の基本的なはたらきや特性を理解し、目的に沿った界面活性剤の選択や設計などの活用方法に応用できます。
 講演は、出来るだけ簡単な言葉で解説し、分かりにくい物理化学的現象も理解できるよう心がけて講義します。


プログラム


1.界面とコロイド

2.界面活性剤とは

3.界面活性剤の種類
 3.1 溶解性による区別
 3.2 イオン性による区別
 3.3 界面活性を占めす部分のイオンによる分類

4.界面活性剤の一般的な分子構造とはたらき
 4.1 陰イオン(アニオン)性界面活性剤
 4.2 陽イオン(カチオン)性界面活性剤
 4.3 双性(両性)界面活性剤
 4.4 非イオン(ノニオン)性界面活性剤

5.界面活性剤の集合状態
  5.1 ミセル形成と臨界ミセル濃度(CMC)
  5.2 乳化と可溶化
  5.3 吸着現象
  5.4 臨界充填パラメータ(CPP)

6.界面活性剤の溶解性
 6.1 クラフト点
 6.2 曇点

7.表面張力
 7.1 表面張力とは
 7.2 ぬれ性、接触角、界面張力
 7.3 ギブス吸着等温式

8.界面活性剤の利用例と最近の研究動向

9.まとめ

 
キーワード 界面活性剤,コロイド,種類,表面張力,動向,セミナー,研修,講演,講義


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
エンジニアのための役立つ情報サイト