信頼性試験と故障解析

信頼性試験の基本から考慮すべきポイント、

故障解析のアプローチの仕方について、詳しく解説する!


講師


(株)ワールドテック 講師 門脇 賢治 氏

【ご専門】
品質管理、信頼性


受講料


■ R&D会員登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。


(まだR&D会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


受講対象・レベル


設計または品質保証の技術者で信頼性試験を習得したい方


必要な予備知識


品質・信頼性についての基礎知識(統計手法、ワイブル分布など)


習得できる知識


・信頼性試験で的確に設計品質を評価する方法を学び見落としの無い試験を行える。
・加速化理論を学び市場と対応のとれた信頼性試験条件を設定できる。
・故障メカニズム仮説のデザインなど故障解析の基本を習得できる。


趣旨


 信頼性試験は設計品質の正しさを証明し、市場での不具合を未然防止する手段ですが、規格や顧客要求の試験に合格すれば良いという認識で、試験自体については深く考えずに実施されることが散見されます。市場でユーザにご迷惑をおかけした後に、実は信頼性試験で検出すべき不具合であったという事例もあります。
 このような不具合は製造上の問題ではないので、工場の検査では検出する事ができません。気づいた時には長期に亘って市場へ流出した後なので多大な損失につながります。事前に設計FMEAで故障を抽出しても、その故障を評価できる試験条件になってない場合、また、判定方法が不適切な場合には、故障を見逃してしまう事になります。
 信頼性試験で考慮すべきポイントを学び、信頼性試験の基本/理論、及び故障解析のアプローチの仕方も合わせて解説します。


プログラム


1.はじめに
 1-1.信頼性の特徴(数の問題、時間のの問題、要求される機能と重要度、仕様環境条件)
 1-2.法規制への対応(リコール、PL)

2.信頼性試験
 2-1.信頼性試験とは(定義、市場寿命、開発フロー)
 2-2.信頼性試験の課題(試験個数、試験時間、加速化)
 2-3.信頼性試験の種類
 2-4.信頼性試験の計画(変更点に着眼)
 2-5.試験結果の判定

3.加速化と故障モデル
 3-1.概論
 3-2.故障モデル各論(反応速度論、マイナー即、S-Sモデル、ランダムウォークなど)
 3-3.市場との対応づけ
 3-4.加速化の注意事項
 3-5.信頼性試験事例

4.故障解析
 4-1.故障メカニズム
 4-2.故障解析のステップ(故障現品調査、故障メカニズム仮説デザインなど)
 4-3.故障解析事例
 4-4.故障現象一覧表
 
 【質疑応答・名刺交換】

 キーワード 電子機器,信頼性,試験,加速試験,解析,セミナー,研修,講習