ホーム > 活用事例 > 課題から事例を探す > 採取済みのデータから有意な要因を判別したい

採取済みのデータから有意な要因を判別したい

ビックデータ時代と米国大統領戦 (2016-12-08)
信頼できる結果を得るために統計的手法の活用を (2016-08-01)
改善の仕上げ、シックスシグマも最後のControlフェイズは効果確認と標準化 (2016-05-17)
統計手法による改善事例:検査コスト削減〔回帰分析〕 (2016-02-22)
事例研究:原料の成分分析から異常を特定 (2016-02-19)
問題の具現化が解決への近道 (2016-02-15)
DPMOとは何か (2016-01-28)
統計教育が必須な検査担当者 (2016-01-25)
コスト重視のシックスシグマ (2016-01-19)
母平均の検定事例(母分散が既知の場合) (2015-04-07)
部品機能の重要性 カーボンブラック工場の事例 (2013-12-07)
イプシロンロケットとMTシステム (2013-10-03)







オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら