「鈴木流5S」必ず成果の上がるノウハウ・ノウホワイ実践例(その2)

 前編の「整理のところで‘仕掛りは要るものだからと山積みになったまま・・・’について、何でそうなるの!と考えた時、これは「整理」を何のためにやるのかという目的が分っていないからだと気付いた。

 どうやるかというKnow Howは書いてあるが、ナゼそうするのかというKnow Whyが欠けているのだ。「整理」というのは、“生産ラインに日々の作業に必要ナイものがあると作業の妨げになる”から無くすということで、そうすると“今日の作業に必要な量を超える仕掛りは要らない、要らないものは(捨てるわけにいかないので)ラインの外に出す”ことだ、ということが分る。更に、この必要最小限の仕掛りを扱い易いように「整頓」することで、ムダなハンドリングもなくなり、ハンドリング中のダメージもなくなる、ということである。すなわち必要以上の仕掛りを作らず、生産の最初から最後までスムースに流れるようにすることがカギなのである。     

 生産性はPQCDSMで、5Sは生産性を上げる道具だと書いたが、皆さん、5SとPQCDSMの関係、なぜ5SがPQCDSMの向上になるのか、説明できますか?いま議論してきたことがヒントです。「整理」「整頓」は“スムースに流れる”ようにするのが目的。仕掛りを必要最小限にしてスムースに流れることによって、探したり余計なハンドリングしたりがなくなり、生産量Pが上がり、ダメージが減少(品質Qが向上)し、コストCが下がり、納期Dも守れるようになり、安全Sも向上し、やる気Mもでてくる、ということ。

 通常の5Sの本では、5Sの目的が‘生産性を上げること’とか‘QCDの向上’だとか具体的になっておらず、そのため「整理」「整頓」がどのようにQCDの向上に繋がるのか分らないため、5Sをやることそのものが目的になってしまっている。そこで、「整理」「整頓」の第1次の目的は“スムースに流れる”ということだ、とハッキリ認識することで、これが具体的に(その次の目的である)生産量アップPや品質向上Qやコスト低減Cに結び付くことが分ってきて(Know Whyノウホワイが分ってきて)、成果に結び付くようになる。

 写真はあるモデル企業で“管理不在の状態”だったのを、5Sを活用して”流れる生産による高い生産性を実現”した例である。その後のセミナーでは社長が快く受講生を受け入れて自身の経験をシェアしてくれた。

5S実施前

 

 

 

 

 

 

    5S実施前(仕掛りが所狭しで足の踏み場もない)           5S実施後(流れる生産の実現で生産性大幅向上) 

 ロジスティクスでは、5Sの目的は“商品が製造されてから次々とスムースに流れて、コストが安く、完璧な状態でお客さんの手に渡り、お客さんに喜んで貰えるようすること”だと言えようし、また、医療関係で5Sをやるとすれば、病院ではその目的は“間違いを防止する”ことや“患者を元気づける”ことだと言えるでしょう。


この記事の著者

鈴木 甫

ものづくり革新は‘頭と技法の使いよう…まずはご連絡下さい!

ものづくり革新の秘訣は、やる気の醸成と技法の活用「Use Ware:頭と道具(技法)は使いよう」にあります。 鈴木は、国内・海外を通じて、戦略から現場改善に至るまで、実践的な方法で、複雑な問題をシンプルに考えて、他の専門家がギブアップし…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「5S」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「鈴木 甫」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン