物流の地位向上に向けて(その5)サプライチェーン・マネジメント

SCM

 

◆ サプライチェーン・マネジメント ~ 顧客の期待値に応える水準とは

 物流は「よくできて当たり前」ととらえられがちです。

 指定した時刻に物が届き、品物が間違わず、傷も付いていないのが“当たり前”なのです。これに対し、こんなに苦労しているのだから「当たり前と思われるのは心外だ」という意見があります。気持ちは分かりますが、そのような考え方では、他社に勝つことも物流の地位向上にもつながらない気がします。

 残念ながら、当たり前」と思われるのは心外とい考え方が、物流の地位を落としているのかもしれません。もっとプロらしい考え方が欲しいところです。

 物流の地位向上についてですが、オペレーションが約束通りにできるのは、当たり前です。最低限の仕事であると考えなければなりません。むしろ物流管理の領域について、質を向上させていくことが必要なのではないでしょうか。物流はロジスティクスからサプライチェーン・マネジメント(SCM)へと発展してきました。

 世の中の期待値はSCMに近づいてきています。つまりこの水準の話ができなければ、顧客の期待値に応えることができないのです。物流はサプライチェーン(SC)の全体を俯瞰(ふかん)できる立場にあります。この立場を利用しない手は無いのです。世の中が求めているSCの効率化に寄与することが、物流の地位を向上する絶好のチャンスなのです。

 物流管理を考えた時、例えば物流倉庫の仕事をしている立場の人は、次のような発言をします。「在庫のコントロールは荷主が行うことであって、物流会社が口を差しはさむ余地はない」。この発言は従来の「物流業務」からみると、ある意味正しいのかもしれません。

 しかし物流の地位向上の観点からは、望ましい発言ではありません。なぜなら、SC効率化の観点からは「在庫コントロール」は極めて重要だからです。物流や在庫は何かしらの活動の結果として表れるものなのです。つまり、物流や在庫を改善するためには、その要因となる「元」を改善しなければならないのです。これに気づかず、与えられた仕事だけをこなしているだけでは評価されません。それを繰り返していても現状が改善されないからです。

 仕事は常に向上させていく必要がありますので「要因」について知るとともに、それに対処していくことが重要になってくるのです。

 

 次回に続きます。


この記事の著者

仙石 惠一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参りました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参りました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...


関連する他の活用事例

もっと見る
損害賠償の範囲とは:物流契約の考え方(その3)

  ◆ 荷物の延着や損傷など、想定される事象は契約書に!  物流で扱う他人からの預かりものに対しては、十分に注意して取り扱うことが求めら...

  ◆ 荷物の延着や損傷など、想定される事象は契約書に!  物流で扱う他人からの預かりものに対しては、十分に注意して取り扱うことが求めら...


物流標準時間導入成功のポイント(その2)物流作業の特徴は作業の自由度が高いこと

 物流標準時間導入成功のポイント、前回のその1に続いて、解説します。           物流作業を標準化しその作業に時間値を付けて行くことで物流...

 物流標準時間導入成功のポイント、前回のその1に続いて、解説します。           物流作業を標準化しその作業に時間値を付けて行くことで物流...


パッケージングエンジニアリング(その1)物流5機能の中で最重要な機能とは

  ◆ 物流5機能の中で最も重要な機能  この連載で何度も取り上げていますが、物流には次の5つの機能があるといわれています。 輸送...

  ◆ 物流5機能の中で最も重要な機能  この連載で何度も取り上げていますが、物流には次の5つの機能があるといわれています。 輸送...