新たな発想で仕事を広げる・仕事を変える(その3) 仕事を俯瞰する

サプライチェーンマネジメント

◆ 業界の垣根を越えて

 物流はものを動かすところ、ものを保管するところで実物を目の当たりにしていますので常に物流の実態を把握できる状況下にあり、サプライチェーン全体を見渡せる立場にあります。

 ものづくりの領域につきましても工場内物流を実施していればその状況すべてを把握できると思います。そのため物流業はサプライチェーンを管理するのにうってつけの業種だと思っています。現在はどちらかというとサプライチェーンをリードしているのはメーカー側で、自社製品のサプライチェーン効率化を主導しています。

 ここにどれだけ物流会社が入り込むかが課題であると考えられます。しかしこのような話題になると決まって「物流はものを動かすことが仕事であり、サプライチェーンマネジメントなどとんでもない」と言い出す人がいます。

 確かに現状のまま取り組もうとすると知識不足で対応は困難かもしれません。しかし新たな発想で仕事を変え、領域を広げてより儲けていかなければならないのです。ごく一部の意識の高い会社だけがここに気づき、一生懸命に勉強して新たな領域に足を踏み出そうとしています。

 これからは業界の垣根も低くなることがあるのではないかと思います。従来物流はアウトソースするという思想であったメーカーが自ら物流を行ってみたり、物流会社が簡単なものづくりを行ったりすることが一般的になるのではないかと思うのです。

 法的規制があるのなら難しいかもしれませんが、それが無いのであればこういった業界間の乗り入れはあっても良いのではないでしょうか。仕事の領域拡大のためには第一に柔軟な発想を行っていくことです。今までの常識は自身の単なる思い込みくらいにとらえて、新たな発想で仕事を広げ仕事を変えることです。それには今後の生き残りのため、更なる発展のためにある程度突拍子もない思考も必要ではないでしょうか。


この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。