ホーム > 技法解説 > QC7つ道具 > パレート図

パレート図 とは

パレート図とは、主に不良原因分析をする際に、原因毎に件数あるいは発生率を棒グラフで大きい順に並べ、累積構成比を折れ線グラフで記入した複合グラフです。 イタリアの経済学者パレートが提唱した「2割の原因が8割の不良を引き起こす」を表現するものとされます。 QC活動では、重要な問題から優先的に対策していく事が基本であり、多少の手間はかかってもパレート図を作成してからの活動開始が、改善の早道となります。


パレート図の解説記事一覧

パレート図の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


パレート図の専門家

氏名 会社名
門眞 博行 クレイン テクノ コンサルティング 『和の国』Japanの知恵『Kaizen』でみち…
大串 隆史 三現主義経営事務所 成功のカギは「現地・現物・現実」です!三つの「現…
奥 浩昭 株式会社バリューマネジメント 40年にわたり、ものづくり企業で培った組織・営業…

パレート図で解決できる課題

7件中 17件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 不良原因を特定し、的確に対策したい
1 設計・開発 技術完成度を早く的確に評価したい
1 設計・開発 採取済みのデータから有意な要因を判別したい
1 生産 開発した技術特性を安定化したい
1 生産 慢性品質不良を解決したい
1 生産 発注管理を最適化したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら