ホーム > 技法解説 > 生産マネジメント > TOC(制約理論):DBR

TOC(制約理論):DBR とは

TOC(Theory of Constraints:制約理論)を一躍有名にした「ザ・ゴール」の中で主人公は、ボーイスカウトのハイキングに同行して、その行進の様子から統計的変動を持つ製造現場との類似性を発見します。そして試行錯誤の結果、最も足の遅いハービーに太鼓を持たせ、彼の前には一定の間隔を確保し、先頭者と彼をロープで一定間隔に結ぶというアイデアに至ります。この3つの施策をドラムバッファロープ(DBR)と名づけ、ボトルネックが存在する製造プロセスに応用することで、短い納期と少ない在庫を同時に実現します。




TOC(制約理論):DBRの解説記事一覧

TOC(制約理論):DBRの活用事例一覧

見込み生産と受注組立(MTSとBTO)の対比 (2014-03-31)
試作部品メーカーの営業強化の事例 (2013-12-09)
回転ずしに見るサプライチェーン (2012-09-24)


TOC(制約理論):DBRの専門家

氏名 会社名
今岡 善次郎 株式会社ビジダイン 在庫が収益構造とチームワークの鍵を握ります。人と…
本間 峰一 株式会社ほんま 高額投資したにもかかわらず効果の上がっていない生…
松村 晴彦 ハリーコンサルティング事務所 現地現物主義で、アジア・サプライ・チェーンを応援…
伊藤 良太 伊藤コンサルティング ISOマネジメントシステムやヒューマンエラー防止…
細木 和茂 株式会社BBF(Business Brain For U) SCM時代は、私のモットー「ギリギリまでつくらな…
青柳 修平 TRINITY SOLUTION ものづくりの調達費を低減し、毎月の利益を増やしま…
村上 悟 ゴール・システム・コンサルティング株式会社 世界の常識となったTOC(制約理論)で企業の生産…

TOC(制約理論):DBRで解決できる課題

5件中 15件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 生産原価を低減したい
3 生産 生産スループット、生産量を上げたい
3 生産 在庫を削減したい(部材、中間、製品)
3 生産 生産リードタイムを短縮したい
3 生産 多品種少量生産に効率よく対応したい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら