「TOC(制約理論):DBR」とは

TOC(Theory of Constraints:制約理論)を一躍有名にした「ザ・ゴール」の中で主人公は、ボーイスカウトのハイキングに同行して、その行進の様子から統計的変動を持つ製造現場との類似性を発見します。そして試行錯誤の結果、最も足の遅いハービーに太鼓を持たせ、彼の前には一定の間隔を確保し、先頭者と彼をロープで一定間隔に結ぶというアイデアに至ります。この3つの施策をドラムバッファロープ(DBR)と名づけ、ボトルネックが存在する製造プロセスに応用することで、短い納期と少ない在庫を同時に実現します。


「TOC(制約理論):DBR」のキーワード解説記事

もっと見る
DBR(ドラムバッファロープ)とは

 DBR(ドラムバッファロープ)とは、サプライチェーンの流れを理解するための喩えであり、ロープでバッファを調整し,ドラムでスピードをコントロールすることで、ス…

 DBR(ドラムバッファロープ)とは、サプライチェーンの流れを理解するための喩えであり、ロープでバッファを調整し,ドラムでスピードをコントロールすることで、ス…


TOC(制約理論)スループットの限界になるまで連続的な改善を!

 TOC(セオリーオブコンストレイント:制約理論)は、エリヤフ・ゴールドラットが説いた、サプライトチェーンマネジメントの理論的基盤となる考え方です。サプライチ…

 TOC(セオリーオブコンストレイント:制約理論)は、エリヤフ・ゴールドラットが説いた、サプライトチェーンマネジメントの理論的基盤となる考え方です。サプライチ…


TOC理論をハイキングで比喩すると

 TOC(制約理論)は、制約中心のマネジメントとDBR(ドラム-バッファ-ロープ)という同期法の2つからなり、これはゴールドラット氏の「ザ・ゴール」の中でハイ…

 TOC(制約理論)は、制約中心のマネジメントとDBR(ドラム-バッファ-ロープ)という同期法の2つからなり、これはゴールドラット氏の「ザ・ゴール」の中でハイ…

「TOC(制約理論):DBR」の活用事例

もっと見る
見込み生産と受注組立(MTSとBTO)の対比

 今回は代表的な生産方式である見込み生産(MTS:メイク・ツー・ストック)と受注組立(BTO:ビルド・ツー・オーダー)の両者を、乗り物に喩えて比較してみようと…

 今回は代表的な生産方式である見込み生産(MTS:メイク・ツー・ストック)と受注組立(BTO:ビルド・ツー・オーダー)の両者を、乗り物に喩えて比較してみようと…


試作部品メーカーの営業強化の事例

 時代とともに変化する自社のボトルネック補強は社長の重大任務であり、企業の収益力を伸ばし成長を加速する一点のみへ集中することが効果的です。ここでは某試作部品メ…

 時代とともに変化する自社のボトルネック補強は社長の重大任務であり、企業の収益力を伸ばし成長を加速する一点のみへ集中することが効果的です。ここでは某試作部品メ…


回転ずしに見るサプライチェーン

 寿司職人がにぎるカウンター方式のにぎり寿司は、需要予測によってあらかじめ用意されたシャリとネタをバッファ(在庫)として持ち、実需(オーダー)によってネタとシ…

 寿司職人がにぎるカウンター方式のにぎり寿司は、需要予測によってあらかじめ用意されたシャリとネタをバッファ(在庫)として持ち、実需(オーダー)によってネタとシ…