「シックスシグマ」とは

80年代に日本企業の躍進、特に高品質に手を焼いた米国は、当然ながら日本のものづくりプロセスを研究、解析しました。その結果、日本で使われていた統計的手法や管理体系を取り入れる企業が出てきました。モトローラもその一つで、技術部門のM.ハリーが統合した仕組みが成果を上げたため、シックスシグマと名付けて87年に社外へ紹介されました。 統計的な手法や教育体系などTQMとの共通点も見られますが、チャンピオンと呼ばれる推進者が、ブラックベルトという名のプロジェクトリーダーにテーマを指示するトップダウン型になっているところや、目標/効果を金額で評価する点などは如何にもアメリカ的です。


「シックスシグマ」のキーワード解説記事

もっと見る
バリュー・ストリーム・マップを作る22のステップとは

   バリュー・ストリーム・マップは時にはプロセスを単純化し過ぎることもありますが、チームでプロセス全体を把握し、無駄を削減するためのアクションを起こす...

   バリュー・ストリーム・マップは時にはプロセスを単純化し過ぎることもありますが、チームでプロセス全体を把握し、無駄を削減するためのアクションを起こす...


SIPOC (その2)SIPOC はとてもシンプルなツール

        ある時、他のインストラクターによるリーンシックスシグマのイエローベルトのトレーニングに参加す...

        ある時、他のインストラクターによるリーンシックスシグマのイエローベルトのトレーニングに参加す...


ボイス・オブ・カスタマー(VOC)とは

        どの企業の、どのサービスでも、お客様の声を大切にします。顧客満足を高めるためのフレームワークであるリーンシックスシグマももちろんお客...

        どの企業の、どのサービスでも、お客様の声を大切にします。顧客満足を高めるためのフレームワークであるリーンシックスシグマももちろんお客...


「シックスシグマ」の活用事例

もっと見る
スケールド・アジャイル・フレームワーク (SAFe) 初めての PI プランニング

        僕が勤める部門で導入を進めている スケールド・アジャイル・フレームワーク(SAFe)の初めてのアジャイル・リリース・トレイン(ART...

        僕が勤める部門で導入を進めている スケールド・アジャイル・フレームワーク(SAFe)の初めてのアジャイル・リリース・トレイン(ART...


 製品開発部へのカンバン導入記(その3)

        前回からの続きです。前回ではまず製品開発工程の価値(物と情報)の流れ図を作り、工程上の問題点を洗い出しました。そしてその問題点を解決...

        前回からの続きです。前回ではまず製品開発工程の価値(物と情報)の流れ図を作り、工程上の問題点を洗い出しました。そしてその問題点を解決...


事例: 累積公差分析(Tolerance Stack-up Analysis)

   先日、ある質問を受けました。質問内容は、「射出成型機を使って製作する 4 つの部品を設計する際、その4つの部品がちゃんと組み合わさるためには、リー...

   先日、ある質問を受けました。質問内容は、「射出成型機を使って製作する 4 つの部品を設計する際、その4つの部品がちゃんと組み合わさるためには、リー...