ホーム > 技法解説 > SQC(統計的品質管理) > 直交表

直交表 とは

直交表は一部実施にもかかわらず、高次交互作用の評価を断念することで少ない実験で要因効果を知るための方法です。 工業実験の成果を上げるためにはより多くの因子を扱う事が有効ですが、まともに立ち向かうと掛け算で実験数が増えてしまいます。そこですべての組み合わせを評価せず、一部の組み合わせを実験して統計的に要因効果を評価するために直交表が使われます。戦後日本の製造業発展は直交表の効果と言う人もいるほど効果的な手法です。

直交表のセミナー

「はじめて」から「直交表」まで: 実験計画法・実験データ解析手法 完全マスター 【2日間講座】
開催日 (登録日:2017-1-16 / 開催日:2017-3-8)
説明  第1日目:はじめての実験計画法  第2日目:「直交表」他さらに進んだ実験計画法をマスター  職場に帰ってすぐ活用できる! 初めて学ぶ方でも十分に理解できるよう基礎から順に丁…



直交表の解説記事一覧

直交表の特徴と仕組み (2012-07-01)
主な直交表の種類と特徴 (2012-07-03)
直交表選定の考え方 (2012-07-02)
直交表で水準数が余る時、足りない時の対処法 (2012-07-04)
直交表の概要と効果 (2015-03-13)
交互作用と相互作用の違い (2015-11-24)
直交表の交互作用について (2012-07-05)
直交表での水準間隔の設定 (2014-05-17)
直交表の数理的解説 (2015-03-10)
効率的な実験手順を考える(その1)全体の流れ (2015-03-24)
効率的な実験手順を考える(その2)実験の目的と評価項目、方法、目標を設定する (2015-04-04)
効率的な実験手順を考える(その3)因子のリストアップと選定 (2015-04-14)
効率的な実験手順を考える(その4)直交表実験の準備と実行 (2015-05-18)
効率的な実験手順を考える(その5)直交表実験の解析と確認 (2015-05-21)
直交表実験の一部でデータが取れなかった時の対応 (欠測値と逐次近似法) (2014-06-09)
直交表問答集 (2015-02-26)

直交表の活用事例一覧

統計手法利用の改善事例:直交表、分散分析表 (2016-02-24)


直交表の専門家

氏名 会社名
眞名子 和義 改善リンクサービス ムダ・ムラ・ムリの「3ムの撤廃が企業収益向上に繋…
村島 繁延 村島技術士事務所 QCDはバランスさせるものではなく、全て両立させ…
遠山 純夫 遠山コンサルオフィス ものづくり企業の経営・技術課題をワンストップで解…
石井 一夫 東京農工大学農学府 ゲノム科学、ビッグデータとクラウドコンピューティ…
小川 昭 小川品質 統計とITの活用で現場の暗黙知を可視化し、問題解…
熊田 成人 熊田技術士事務所 QCDの全てをバランスさせる信念で、千葉県を中心…
熊坂 治 株式会社産業革新研究所 ものづくり革新技法のナレッジを広く共有、活用する…
越水 重臣 産業技術大学院大学 品質工学とTRIZを実践的に教える稀有な大学院教…

直交表で解決できる課題

15件中 115件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 ソフトウェア開発を効率化したい
3 生産 突発品質不良を早く解決したい
3 生産 慢性品質不良を解決したい
3 市場品質 返品製品の不具合再現、解析を効率化したい
1 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 設計・開発 設計条件の最適化を効率化したい
1 設計・開発 開発期間を短縮したい
1 設計・開発 技術完成度を早く的確に評価したい
1 設計・開発 開発日程の停滞、後戻りを防止したい
1 設計・開発 多元材料で最適比率を求めたい
1 設計・開発 過去の情報を有効に活用したい
1 生産 不良発生を未然防止したい
1 生産 事故の再発を防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)

月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。

MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス