「40の発明原理」とは

TRIZの40の発明原理は、発想技法TRIZの骨格をなすサブツールで、アルトシュラーおよびその弟子たちが数百万の特許を分析して抽出した40個の発明パターンです。類似の手法であるオズボーンのチェックリストが提示する9つのパターンが、40になったと考えれば理解しやすいかと思います。 40ものパターンを全て検討するのは非効率なので、ある特性を良くすると別の特性が悪くなるという「技術的矛盾」の形を見つけ出し、それら両特性を用意された39の中から選んでマトリクス表を参照する事で、優先度の高い発明原理を知るという仕組みが秀逸です。


「40の発明原理」のキーワード解説記事

もっと見る
発明原理を使って根本原因から工学的矛盾(技術的矛盾)を克服する方法

 1.はじめに  TRIZにおいてもっともポピュラーなアイデア発想の技法は、40の発明原理と矛盾解決マトリックスを使った工学(技術)的矛盾の克服でしょう。し…

 1.はじめに  TRIZにおいてもっともポピュラーなアイデア発想の技法は、40の発明原理と矛盾解決マトリックスを使った工学(技術)的矛盾の克服でしょう。し…


すぐに役立つ! 40の発明原理の覚え方 と 矛盾マトリクス検索ソフト

1.記憶に残る40の発明原理の覚え方  40の発明原理は、経験的に、TRIZのツールの中で、シンプルで成果が出しやすく、一番多く活用されているツールです。で…

1.記憶に残る40の発明原理の覚え方  40の発明原理は、経験的に、TRIZのツールの中で、シンプルで成果が出しやすく、一番多く活用されているツールです。で…


Advanced 40の発明原理: 01 分割原理(2つ以上に分ける、組立性・分解性向上:Segmentation)

 今まで、何処でも誰でも使えるTRIZツールづくりを試行してきました。その過程で、抽象化思考の苦手な人が、意外に多いようです。現場では、課題だけでなく、発明原…

 今まで、何処でも誰でも使えるTRIZツールづくりを試行してきました。その過程で、抽象化思考の苦手な人が、意外に多いようです。現場では、課題だけでなく、発明原…

「40の発明原理」の活用事例

もっと見る
M&Aされた研究者のキャリアチェンジを40の発明原理で考える

1.モチベーション課題の背景  シャープと鴻海のM&Aでも想像できるように、研究・技術者のモチベーションの低下は、もはや他人事ではないようです。…

1.モチベーション課題の背景  シャープと鴻海のM&Aでも想像できるように、研究・技術者のモチベーションの低下は、もはや他人事ではないようです。…


TRIZ40の発明原理事例集(化学分野)

1. TRIZ事例の背景  TRIZは、本来、課題を抽象化してからアイデア出しする技法なので、各々のTRIZツールは、専門領域を問わないことになっています。…

1. TRIZ事例の背景  TRIZは、本来、課題を抽象化してからアイデア出しする技法なので、各々のTRIZツールは、専門領域を問わないことになっています。…


TRIZで数億円の効果! ベーキングトレイ開発の事例

1. 開発納期が間に合わない!  半導体梱包材開発係長が、憔悴しきった様子で筆者の前に現れました。「粕谷さん、もう自信ありません」彼は18ヶ月以内に、図1に…

1. 開発納期が間に合わない!  半導体梱包材開発係長が、憔悴しきった様子で筆者の前に現れました。「粕谷さん、もう自信ありません」彼は18ヶ月以内に、図1に…