専門家「片桐 朝彦」プロフィール

片桐 朝彦

従来品の20%アップを目指すなら、今までのやり方で実現できるかもしれません。しかし、誰もが成し得なかったダントツ製品、ダントツ技術の開発を目指すとき、TRIZを中核にした体系的手法が真価を発揮します!

片桐 朝彦

専門家専門家A かたぎり ともひこ / 愛知県 / 株式会社アイデア

対応エリア 全国

TRIZ(発明的問題解決の理論)は一般的に“アイデアを発想する為のツール”と思われている方も多いと思いますが、実は、問題解決のために体系化された手法であり、その為の各種ツールの集合体と言えます。 例えば、TRIZでは問題解決を妨げる要因として、以下の4つを指摘しています。 ① 心理的惰性(無意識に働く、特定のコンセプトへのこだわり) ② 限られた分野での知識(自分の経験への依存、専門分野の知識への偏重) ③ 的外れな目標(問題点の把握が不十分) ④ トレード・オフによる解決策(折衷的、妥協的な解決) アイデア社では、これらの要因を打破する為のツール、発想のためのツール、知識検索の為のツール、などをプログラム化し、実務の中で組み合わせて使う事により、非常に強力な創造的問題解決ツールとしてお客様の問題解決を支援させていただきます。(実績400社以上) さらに、アイデア社独自の商品企画のためのQFD(QFD for innovation)、タグチメソッド、各種TRIZツールと強力な意味検索エンジンを実装したイノベーション支援ソフト:Goldfire、などを連携適用することにより、『ダントツ製品、ダントツ技術を生み出す仕組みづくり』をお手伝いさせていただきます。

H P: http://www.idea-triz.com/index.html

対応分野

戦略/マーケティング
BSC(バランスト・スコアカード)
商品企画7つ道具
品質表(QFD)
TRIZ/USIT
TRIZ 40の発明原理 エフェクト 進化のトレンド 9画面法 SLP 物質場/発明標準解 トリミング
アイデア発想法
TOC(思考プロセス) マインドマップ
品質工学(タグチメソッド)
品質工学(タグチメソッド) パラメータ設計(ロバスト設計)
デジタル工学
3D-CAD CAE/シミュレーション 3次元プリンタ
プロジェクトマネジメント
CCPM

経歴

1983年、株式会社コガネイに入社
 主に空気圧用電磁弁の研究、新製品開発業務に携わる。
2003年よりTOCを中核とした社内変革プロジェクトを推進。
2004年より製品企画業務に携わる中で、売れる商品を開発し続ける体系的な仕組みとして、QFD‐TRIZ‐TMを連携適用した開発プロセスの構築に着手。
 これらツールの導入、社内展開を図るとともに、製品開発プロジェクトリーダーとして実際の開発テーマに適用し、ヒット商品の開発に成功。
 その後、QFD‐TRIZ‐TMの開発プロセスによる新製品開発、他部門への普及を推進。
2013年、株式会社アイデアに入社。現在に至る。

業務実績

・BtoB、生産財マーケティングにおけるQFDの適用
・品質表の品質企画における、顧客用途展開の適用
・QFDによる潜在ニーズの発掘、魅力的品質の企画
・TRIZによる体系的な問題解決アプローチの推進
・タグチメソッドによる新製品開発時のリスク低減
・3D‐CAD、CAEによる開発効率向上と設計検証
・TOC‐CCPMによる新製品開発プロジェクトマネジメント
・体系的手法による部門間、顧客間コミニュケーションの向上
・体系的手法によるベテラン技術者のナレッジ共有と若手技術者の育成
・マインドマップ+TOC‐思考プロセス+バランススコアカードによる経営計画の立案
・日経ものづくり誌、機械設計誌など寄稿。各種講演、セミナー、多数