「生産工学」とは

生産工学は広い概念であり、個別の手法というよりはそれらの集合体を指すと考えた方が適当でしょう。 そのまま英訳するとIndustrial Engineeringとも考えられ、Taylerの流れを組む生産効率化の考え方になるわけですが、一般にはもう少し広い分野を含みます。 生産効率を上げるために、生産設備の自動化は極めて重要なアプローチです。無駄なく、正確に、迅速に生産するための設備設計方法や、生産ラインのムダ取り、不良品の低減、設備故障の未然防止などもここに含まれるといえるでしょう。


「生産工学」のキーワード解説記事

もっと見る
静電気の見える化とは (その1)静電気の誤った常識

 静電気が問題になっている現場は日本中に多数ありますが、自分の工場で必要な『静電気除去レベル』が分からずに、除電が不十分だったり、逆に要求以上に高価な除電器を…

 静電気が問題になっている現場は日本中に多数ありますが、自分の工場で必要な『静電気除去レベル』が分からずに、除電が不十分だったり、逆に要求以上に高価な除電器を…


静電気の見える化とは (その2)除電対策

 自分の工場で必要な『静電気除去レベル』が分からず、不十分な除電だったり、逆に、要求品質以上の高価な除電器を購入している所はないでしょうか。除電する為には目に…

 自分の工場で必要な『静電気除去レベル』が分からず、不十分な除電だったり、逆に、要求品質以上の高価な除電器を購入している所はないでしょうか。除電する為には目に…


工場内のレイアウト(設備配置)とその手順

  1. 設備レイアウトの重要性  工場内には多くの設備が設置されていますが、機能的にレイアウトすることで、付加価値を生まない運搬距離を短くすることが…

  1. 設備レイアウトの重要性  工場内には多くの設備が設置されていますが、機能的にレイアウトすることで、付加価値を生まない運搬距離を短くすることが…

「生産工学」の活用事例

もっと見る
金型加工用NCデータ作成における省力化のポイントと実例(その2)

        前回のその1に続いて解説します。 3. 取り組み指針に沿ったCAM機能の選び方    では、先ほどまで挙げてきた「省…

        前回のその1に続いて解説します。 3. 取り組み指針に沿ったCAM機能の選び方    では、先ほどまで挙げてきた「省…


マシニングのバイス段取りの樹脂ハンマーの使い方とは

 今回は、マシニング加工のバイス段取りにおいて、普段当たり前のように使っている樹脂ハンマーについて解説します。まず良くない使い方とは、次のような状態です。 …

 今回は、マシニング加工のバイス段取りにおいて、普段当たり前のように使っている樹脂ハンマーについて解説します。まず良くない使い方とは、次のような状態です。 …


ドリルの適正な加工条件とは

        たいへん便利なCAD/CAMですが、その反面、罠に陥りやすい面もあります。今回は、CAD/CAMの罠について解説します。例えば、ドリル加…

        たいへん便利なCAD/CAMですが、その反面、罠に陥りやすい面もあります。今回は、CAD/CAMの罠について解説します。例えば、ドリル加…