「生産工学」とは

生産工学は広い概念であり、個別の手法というよりはそれらの集合体を指すと考えた方が適当でしょう。 そのまま英訳するとIndustrial Engineeringとも考えられ、Taylerの流れを組む生産効率化の考え方になるわけですが、一般にはもう少し広い分野を含みます。 生産効率を上げるために、生産設備の自動化は極めて重要なアプローチです。無駄なく、正確に、迅速に生産するための設備設計方法や、生産ラインのムダ取り、不良品の低減、設備故障の未然防止などもここに含まれるといえるでしょう。


「生産工学」のキーワード解説記事

もっと見る
静電気の見える化とは (その1)静電気の誤った常識

 静電気が問題になっている現場は日本中に多数ありますが、自分の工場で必要な『静電気除去レベル』が分からずに、除電が不十分だったり、逆に要求以上に高価な除電器を…

 静電気が問題になっている現場は日本中に多数ありますが、自分の工場で必要な『静電気除去レベル』が分からずに、除電が不十分だったり、逆に要求以上に高価な除電器を…


静電気の見える化とは (その2)除電対策

 自分の工場で必要な『静電気除去レベル』が分からず、不十分な除電だったり、逆に、要求品質以上の高価な除電器を購入している所はないでしょうか。除電する為には目に…

 自分の工場で必要な『静電気除去レベル』が分からず、不十分な除電だったり、逆に、要求品質以上の高価な除電器を購入している所はないでしょうか。除電する為には目に…


受注生産工場のボトルネック工程基準の生産管理手法

 自動車部品などの製造工場では親工場からの受注は典型的な多品種少量生産を強いられています。背景として、海外生産・調達の増加により、国内で生産するものは、次のよ…

 自動車部品などの製造工場では親工場からの受注は典型的な多品種少量生産を強いられています。背景として、海外生産・調達の増加により、国内で生産するものは、次のよ…

「生産工学」の活用事例

もっと見る
人的資源マネジメント:インダストリー4.0 を追いかけるその前に(その1)

 ドイツが提唱しているインダストリー4.0 や GE などの米国勢が中心となって進めているインダストリアル・インターネット。日本では、IoT やビッグデータに…

 ドイツが提唱しているインダストリー4.0 や GE などの米国勢が中心となって進めているインダストリアル・インターネット。日本では、IoT やビッグデータに…


伸びる金型メーカーの秘訣 (その25)金型製作内製化

 前回のその24に引き続き、プレスメーカーである株式会社 Vが2年前から行っている金型製作内製化の取り組みについて紹介します。   1. 金型製…

 前回のその24に引き続き、プレスメーカーである株式会社 Vが2年前から行っている金型製作内製化の取り組みについて紹介します。   1. 金型製…


国際プラスチックフェアー(IPF JAPAN 2017)展示会レポート(その9)最終回

 前回のその8に続いて解説します。   8. 加飾技術(その2) (3) スパッタ  東芝機械エンジニアリングのブースでは射出成形機の横にスパ…

 前回のその8に続いて解説します。   8. 加飾技術(その2) (3) スパッタ  東芝機械エンジニアリングのブースでは射出成形機の横にスパ…