「親和図法(KJ法)」とは

親和図法とは、混沌とした事象を理解するにあたり、複数のメンバーで意見、事実等をカードに記述し、集めた中から親和性の高いグループを探し、そこに新たな名前を付けていく事で、構造を明らかにしたり、事象を整理してゆく方法です。考案者の川喜多二郎氏のイニシャルからKJ法とも呼ばれますが、商法登録の関係でN7の中では親和図法と呼びます。


「親和図法(KJ法)」のキーワード解説記事

もっと見る
データ分析講座(その151)新QC7つ道具(親和図法)

   前回まで、QC7つ道具について説明してきました。実はもう一つQC7つ道具があります。それは、次の新QC7つ道具です。  親和図...

   前回まで、QC7つ道具について説明してきました。実はもう一つQC7つ道具があります。それは、次の新QC7つ道具です。  親和図...


数字ではない情報を整理するN7

   今回は「N7(新QC7つ道具)」を取り上げます。 1. N7…?  N7とは”New QC 7 tools...

   今回は「N7(新QC7つ道具)」を取り上げます。 1. N7…?  N7とは”New QC 7 tools...


新QC七つ道具:親和図法の使い方(その17)事例

       【目次】 序論   ←掲載済 第1章  混沌解明とN7(新QC七つ道具)←掲載済 第2章  挑戦管理とN7の選択←掲載済 ...

       【目次】 序論   ←掲載済 第1章  混沌解明とN7(新QC七つ道具)←掲載済 第2章  挑戦管理とN7の選択←掲載済 ...


「親和図法(KJ法)」の活用事例

もっと見る
新興国で求められる現地現物的アプローチ【トヨタ事例の講演を聴講して】

 12月8日武蔵工大MOT主催の講演会で、元トヨタ専務である岡部聰氏の講演「新興国における現地現物的アプローチ」を聴講し、アジア新興国市場での事業を考える...

 12月8日武蔵工大MOT主催の講演会で、元トヨタ専務である岡部聰氏の講演「新興国における現地現物的アプローチ」を聴講し、アジア新興国市場での事業を考える...