「親和図法(KJ法)」とは

親和図法とは、混沌とした事象を理解するにあたり、複数のメンバーで意見、事実等をカードに記述し、集めた中から親和性の高いグループを探し、そこに新たな名前を付けていく事で、構造を明らかにしたり、事象を整理してゆく方法です。考案者の川喜多二郎氏のイニシャルからKJ法とも呼ばれますが、商法登録の関係でN7の中では親和図法と呼びます。


「親和図法(KJ法)」のキーワード解説記事

もっと見る
KJ法の特徴と進め方

1.KJ法の特徴  KJ法は、収束技法の空間型・帰納法として最も著名なものです。KJ法とは文化人類学者の川喜田二郎氏が現場調査をまとめるためにつくり出した技…

1.KJ法の特徴  KJ法は、収束技法の空間型・帰納法として最も著名なものです。KJ法とは文化人類学者の川喜田二郎氏が現場調査をまとめるためにつくり出した技…


開発テ-マに関する情報収集

1.顧客との接触から潜在ニ-ズを捉える  顧客の生産活動の観察、顧客との会話の内容等から潜在ニ-ズを察知し、開発のテ-マに結び付けて行く取り組みが、日常の営…

1.顧客との接触から潜在ニ-ズを捉える  顧客の生産活動の観察、顧客との会話の内容等から潜在ニ-ズを察知し、開発のテ-マに結び付けて行く取り組みが、日常の営…

「親和図法(KJ法)」の活用事例

もっと見る
新興国で求められる現地現物的アプローチ【トヨタ事例の講演を聴講して】

 12月8日武蔵工大MOT主催の講演会で、元トヨタ専務である岡部聰氏の講演「新興国における現地現物的アプローチ」を聴講し、アジア新興国市場での事業を考えるにあ…

 12月8日武蔵工大MOT主催の講演会で、元トヨタ専務である岡部聰氏の講演「新興国における現地現物的アプローチ」を聴講し、アジア新興国市場での事業を考えるにあ…