ホーム > 技法解説 > パラメータ設計(ロバスト設計) > 統計的実験計画法と品質工学の違い

パラメータ設計(ロバスト設計)」の技法解説記事



統計的実験計画法と品質工学の違い

 企業で新しいシステムを考えるときには,収率や効率の高い製品を開発することを計画していますが,その時のシステム設計では性能中心でばらつきのことはあまり考えませんから,性能は目的特性のレスポンスの研究で平均値を高める実験を行います。その時統計的実験計画法の直交実験では,主効果と因子間の交互作用を求めて,収率や効率の目的特性の最適化を行います。また,ばらつきは偶然誤差しか考えていません。したがって,科学的な「レスポンスの研究」であれば十分なのです。技術的にも高い性能だけが欲しいのであればこれで十分です。ただしこの場合は,正規分布で等分散であることが条件になっています。

 品質工学では,市場では正規分布は存在しないし,市場におけるばらつきは等分散性でもないと考えています。市場におけるばらつきは「偶然誤差」ではなく,「必然誤差(使用環境条件や劣化)」で発生するのです。したがって,市場における品質の安定性はSN比で評価しますし,市場における再現性は直交表でチェックを行います。直交表の目的は実験の短縮化ではなく,設計の良否のチェックに使っているのです。機能の「安定性」と市場における「再現性」は同じものではありません。

 したがって,システム設計は一因子実験や実験計画法や山登り法など何でも構わないのですが,システムの評価だけは,目的特性ではなく,システムとノイズの交互作用による「機能性評価のSN比」で行うことが大切だと考えています。品質工学のパラメータ設計は機能の安定化の後で,性能を目標値に合わせ込む2段階設計で,システムの「最適化」を図ります。



パラメータ設計(ロバスト設計)」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!


原 和彦(はら かずひこ) / 
品質工学を通して製品開発、設計の真髄を伝えます

パラメータ設計(ロバスト設計)」の他の技法解説記事
  • パラメータ設計は「部分最適」から「全体最適」へ

    ある企業で指導している時、担当技術者からサブシステムの改善問題が提案されました。その場合の「機能性評価」をどう考えたらよいかという問題です。 企業では組織が分割されているため、担当技術者はサブシステムの機能を考えて評価を行い、パラメータ設計で最適化…

  • パラメータ設計(ロバスト設計):その2

     前回のその1に続いて解説します。   3.コストがかからない方法とは  ばらつきの対処方法としては、次の4点などが行われます。     ① 公差や、機械設備の管理を厳しくする。   ② ばらつきの少ない部品を購入する。   ③ …

  • 品質工学問答集

     品質工学に関して皆さんからいただいた相談、質問の中からいくつかを公開します。 Q1:タグチメソッドはサンプルを108個作らなければいけないのですか? A1:品質工学会では交互作用の影響を薄める意味で、直交表はL18の利用を勧めています。さらに…

  • パラメータ設計の特徴とは

     エンジニアリングシステムでは、その内部で何らかのエネルギー変換が行われているはずです。だから、先に田口玄一博士が「品質を改善したければ、品質を計るな」と主張されているように、システムの「理想機能」に着目して設計パラメータの条件を決めていきます。こ…

セルフアセスメント
パラメータ設計(ロバスト設計)」の活用事例
  • QFD-TRIZ-TMの連携適用による高速2ポートバルブの開発 ②QFDの適用

     前回の①に続いて解説します。[顧客要求の本質を的確に発見し、顧客満足度に繋げる] QFDの解説ページに記述したように、QFDは本来、品質表の作成からスタートして品質特性の重点目標を設計→生産技術→購入品→製造→検査(品質保証)にいたるまで、…

  • ファクシミリの紙送り時間と安定性を劇的に改善したキャノンの事例

     これは1997年の品質工学研究発表大会で、キャノン(株)の高橋貢司さんが発表した「リタードローラを用いた用紙送り機構の安定性設計」を、要約掲載したものです。 1.技術と課題  複写機やファクシミリ等に用いる用紙送り機構には、多数の用紙をミスす…

  • ロボット塗装条件の最適化

    塗装工程は単純作業の繰り返しが多い事から、ロボットで実施されることが多くなっています。しかし複雑な形状に対する塗装条件は勘と経験をロボットに教え込む事が多く、必ずしも最適条件になっていない事が多いようです。 ここでは2010年の品質工学研究発表大…

  • ロボット塗装の条件最適化で時間短縮と安定性向上を達成したアルパインプレシジョンの事例

     2010年の品質工学会研究発表大会でアルバインプレシジョン株式会社の菅藤智行さんが発表した「ロボット塗装条件の最適化」の概要を紹介します。   1.はじめに  ロボット塗装システムの各種条件が塗装品質に与える影響の定量的な評価が社内になかっ…


MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら