ホーム > 技法解説 > サプライチェーンマネジメント > サプライチェーンの上位レベルと下位レベルとは

サプライチェーンマネジメント」の技法解説記事


サプライチェーンの上位レベルと下位レベルとは

 サプライチェーン(供給連鎖)は、材料・部品の供給から加工・製造・流通を経て顧客へ引渡すまでの、物の流れ・加工プロセスの連鎖(チェーン)です。サプライチェーンマネジメントは、企業や部門間の壁を越えて全体をみる必要があります。一つの会社や事業単位(BU:ビジネスユニット)のキャッシュフロー(資金の流れ)を上げる目的に沿って、サプライチェーンの構成要素をみると、基本的ビジネスプロセスは「調達」と「製造」と「納入(販売)」からなり、SCC(サプライチェーン協議会)では「ソース」、「メイク」、「デリバー」を基本的なプロセスとしています。

 さらに、二つの基本プロセスの水平的広がりとして、サプライヤのサプライヤのサプライヤ……、またはカスタマーのカスタマーのカスタマー……、というように、業種別に素材メーカー、部品メーカー、セットメーカー、最終製品メーカー、ユーザー(消費者)などの広がりがあり、マネジメントの対象である事業の属する業種によって、マネジメントの範囲を決める必要があります。

 サプライチェーンの階層もマネジメント可能なレベルまで、要素を細分化してみましょう。製造プロセスを部品加工・組立・検査と大きく分け、さらに部品加工を切断→研磨→ドリル→ベンディングなどに分けてプロセスをみる必要がある場合もあります。

 いずれにしても、サプライチェーン上のプロセスを表現するモデルが、製造・納入・販売などのビジネスプロセスであり、それを達成する手段が設備や人のリソース(経営資源)です。生産だけでなく販売も含むので、サプライチェーンマネジメントのリソースには、船、トラック、航空便などの運送手段や、店舗やセールスマンなどの販売のための物的・人的リソースを含めた構成要素を考えなければなりません。

 このように、サプライチェーンは上位レベルと下位レベルが幾層にもつながった複雑系としてとらえられます。一つの工場内のサプライチェーンを考えてみると、下位は作業の連鎖があり、上位には複数工場と倉庫や販売拠点をつなぐ経営機能の連鎖があるのです。

 産業として、素材メーカー、部品メーカー、セットメーカー、流通業者の集合を複雑系の要素(エージェント)とみれば、業界の物(製品)の連鎖は経済圏につながっています。そしてそれぞれのサプライチェーンのゴール(目標)が異なり、下位の部分最適の総和と上位の全体最適は一致しません。

 不良債権問題でもがいている日本経済は、金詰まり(不足)と金余り(過剰)の全体最適の同期化がうまくいっていない、上位レベルでの物と金のサプライチェーンマネジメントの問題ではないかと考えられます。


サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「今岡 善次郎」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(いまおか ぜんじろう) / 専門家A / 株式会社ビジダイン

在庫が収益構造とチームワークの鍵を握ります。人と人、組織と組織のつながり連鎖をどうマネジメントするかを念頭に現場と人から機会分析します。
・製品構成・生産・販売の全体のつながりSCM(サプライチェーンマネジメント)の中でキャッシュ収益を改善します。 ・サプライチェーンマネジメントの源流にトヨタ式経営を求め、そのさらに源流としてドラッカー経営に行きました。 ・マネジメント教材「成果を上げる」仕事の設計15の「原理」を開発。 ・業… 続きを読む


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら