ホーム > 技法解説 > サプライチェーンマネジメント > 損益計算書とキャッシュフローでみるサプライチェーン経営戦略

サプライチェーンマネジメント」の技法解説記事


損益計算書とキャッシュフローでみるサプライチェーン経営戦略

 生産(供給)と販売(需要)の調整(同期化)は、SCMの焦点となるテーマです。SCMで重要なのは在庫についての認識です。サプライチェーンの3大連鎖業務は、「販売」と「生産」と「資材調達」です。ストック経営とフロー経営について、損益計算書とキャッシュフローにおけるこれらSCM3大連鎖業務についてのポイントを下図1に示します。

サプライチェーンの損益計算書とキャッシュフロー

 図1.損益計算書経営とキャッシュフロー経営 

 まず図左側の損益計算書のみの経営をみてみましょう。決算期に顧客や販社への押し付け販売による売上増加を計ると売掛金が膨らみます。実需に基づかない大ロット生産によりコスト削減を計ると、製品在庫・中間仕掛在庫が膨らみます。生産需要を考えないでまとめ買いをすることで、資材コストは安くなりますが資材在庫は膨らみます。どれも一時的な会計利益は増大しますが、キャッシュフローは悪化するのです。 

 一方右側のキャッシュフロー経営ではどうでしょうか。回収を考えて顧客に在庫があれば無理をして販売しません。ですから売上は一時的に下がりますが売掛金は減ります。必要な数だけ実需に合わせて生産するため、ロットが小さくなり稼働率が落ちコストが上がります。そのかわりに製品在庫や仕掛在庫は増えません。生産実需に合わせて資材を仕入れるため、小口多頻度購買となり資材コストは上がるかもしれません。しかしこのことによって資材在庫は減ります。 

 どの3大連鎖業務においても、図左の損益計算書のみの経営とはことなり、図右のキャッシュフロー経営では一時的会計利益は悪化しますがキャッシュフローは増大します。近年のように製品ライフサイクルが短い時代では、設計変更・モデルチェンジにともなう在庫の陳腐化コストが大幅に削減されます。長い目でみると会計利益上もキャッシュフロー上の収益も向上・安定します。売掛金も棚卸在庫も固定資産も、資産が多くなるほど収益性のリスクが高くなる時代です。SCMのテーマは利益とキャッシュフロー、在庫と欠品、顧客満足とコストなどのように、トレードオフ(相反する: 一方を良くしようとすると他方が悪くなる)の関係にある問題を解決することです。 

 ロジスティクスに関するプロフェッショナルは、従来、どれだけ運搬や保管の仕事をもらうかを考えるにすぎず荷主の利益やキャッシュフローへの関心はありませんでした。ところがロジスティクスが、利益やキャッシュフローの元になる在庫やモノの移動などにともなう情報を発生させています。

 SCMは現場からの経営論です。荷主である顧客のSCMを理解することはどんな業種の経営にも最重要な顧客満足度に欠かせないことです。ロジスティクスの現場で発生している情報が、経営戦略に活かされる時代になっているのです。


サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「今岡 善次郎」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(いまおか ぜんじろう) / 専門家A / 株式会社ビジダイン

在庫が収益構造とチームワークの鍵を握ります。人と人、組織と組織のつながり連鎖をどうマネジメントするかを念頭に現場と人から機会分析します。
・製品構成・生産・販売の全体のつながりSCM(サプライチェーンマネジメント)の中でキャッシュ収益を改善します。 ・サプライチェーンマネジメントの源流にトヨタ式経営を求め、そのさらに源流としてドラッカー経営に行きました。 ・マネジメント教材「成果を上げる」仕事の設計15の「原理」を開発。 ・業… 続きを読む


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら