JIS G4053 機械構造用合金鋼鋼材 SCr SCM:金属材料基礎講座(その108)

更新日

投稿日

JIS G4053 機械構造用合金鋼鋼材 SCr SCM:金属材料基礎講座(その108)

 

機械構造用合金鋼鋼材のクロム鋼、クロムモリブデン鋼の化学成分を表1に示します。クロム鋼はクロムを1%程度添加することで焼入れ性を高めています。他にも耐摩耗性に優れます。

 

直径60mmまで焼入れできます。機械構造用炭素鋼鋼材の中では廉価版になります。SCr415、SCr420ははだ焼き用鋼です。

 

クロムモリブデン鋼はクロム鋼にモリブデンを添加して焼入れ性と焼戻し抵抗をさらに改善した鋼材です。他にも焼戻し脆性の傾向が少ない、高温加工性が良い、仕上がりが美しい、溶接性が良いなどの特徴があります。

 

自動車部品などに広く使用されます。炭素鋼よりは高価ですが、汎用性が高く、広く使用されます。SCM415からSCM425までははだ焼き用鋼です。また最後にHがつく鋼材(例えばSCM420H)は焼入れ性を保証した材料になります。

 

JIS G4053 機械構造用合金鋼鋼材 SCr SCM:金属材料基礎講座(その108)

 

次回に続きます。

関連解説記事:マランゴニ対流~宇宙でもきれいに混ざらない合金の不思議 

関連解説記事:金属材料基礎講座 【連載記事紹介】

 

連載記事紹介:ものづくりドットコムの人気連載記事をま...

JIS G4053 機械構造用合金鋼鋼材 SCr SCM:金属材料基礎講座(その108)

 

機械構造用合金鋼鋼材のクロム鋼、クロムモリブデン鋼の化学成分を表1に示します。クロム鋼はクロムを1%程度添加することで焼入れ性を高めています。他にも耐摩耗性に優れます。

 

直径60mmまで焼入れできます。機械構造用炭素鋼鋼材の中では廉価版になります。SCr415、SCr420ははだ焼き用鋼です。

 

クロムモリブデン鋼はクロム鋼にモリブデンを添加して焼入れ性と焼戻し抵抗をさらに改善した鋼材です。他にも焼戻し脆性の傾向が少ない、高温加工性が良い、仕上がりが美しい、溶接性が良いなどの特徴があります。

 

自動車部品などに広く使用されます。炭素鋼よりは高価ですが、汎用性が高く、広く使用されます。SCM415からSCM425までははだ焼き用鋼です。また最後にHがつく鋼材(例えばSCM420H)は焼入れ性を保証した材料になります。

 

JIS G4053 機械構造用合金鋼鋼材 SCr SCM:金属材料基礎講座(その108)

 

次回に続きます。

関連解説記事:マランゴニ対流~宇宙でもきれいに混ざらない合金の不思議 

関連解説記事:金属材料基礎講座 【連載記事紹介】

 

連載記事紹介:ものづくりドットコムの人気連載記事をまとめたページはこちら!

 

【ものづくり セミナーサーチ】 セミナー紹介:国内最大級のセミナー掲載数 〈ものづくりセミナーサーチ〉 はこちら!

 

   続きを読むには・・・


この記事の著者

福﨑 昌宏

金属組織の分析屋 金属材料の疲労破壊や腐食など不具合を解決します。

金属組織の分析屋 金属材料の疲労破壊や腐食など不具合を解決します。


「金属・無機材料技術」の他のキーワード解説記事

もっと見る
めっき(メッキ)とは:金属材料基礎講座(その76)

  ◆ めっきの材料と下地金属  めっきとは、金属表面に別の金属材料の皮膜を形成することです。めっきを行う目的は、防食の他にも装飾や耐摩...

  ◆ めっきの材料と下地金属  めっきとは、金属表面に別の金属材料の皮膜を形成することです。めっきを行う目的は、防食の他にも装飾や耐摩...


MAG溶接、MIG溶接、TIG溶接 金属材料基礎講座(その29)

   溶融接合は材料の一部を加熱して溶解し、溶加材などを加えて溶接する手法です。  そして酸化防止のために二酸化炭素やアルゴンなどのシールド...

   溶融接合は材料の一部を加熱して溶解し、溶加材などを加えて溶接する手法です。  そして酸化防止のために二酸化炭素やアルゴンなどのシールド...


残留オーステナイトとは:金属材料基礎講座(その98)

  ◆ 残留オーステナイト  オーステナイト[1]を急冷するとマルテンサイト組織ができますが、Ms点、Mf点は炭素量によって温度が変化し...

  ◆ 残留オーステナイト  オーステナイト[1]を急冷するとマルテンサイト組織ができますが、Ms点、Mf点は炭素量によって温度が変化し...


「金属・無機材料技術」の活用事例

もっと見る
金代替めっき接点の開発事例 (コネクター用貴金属めっき)

 私は約20年前に自動車用コネクターメーカーで、接点材料の研究開発を担当していました。当時の接点は錫めっきが主流でした。一方、ECU(エンジンコントロール...

 私は約20年前に自動車用コネクターメーカーで、接点材料の研究開発を担当していました。当時の接点は錫めっきが主流でした。一方、ECU(エンジンコントロール...


ゾルゲル法による反射防止コートの開発と生産

 15年前に勤務していた自動車用部品の製造会社で、ゾルゲル法による反射防止コートを樹脂基板上に製造する業務の設計責任者をしていました。ゾルゲル法というのは...

 15年前に勤務していた自動車用部品の製造会社で、ゾルゲル法による反射防止コートを樹脂基板上に製造する業務の設計責任者をしていました。ゾルゲル法というのは...