オープンイノベーションとは 【連載記事紹介】

 
  技術マネジメント

オープンイノベーションとはの記事が、無料でお読みいただけます!

【特集】連載記事紹介の一覧へ戻る

◆オープンイノベーションとは

オープンイノベーションとは、これまで日本企業が追求してきた「ものづくりの概念」と対極です。すなわち、日本企業が追求してきた「ものづくりの概念」では自社の従来からの強みを活用し、製品や事業を展開していくものでした。そのため、収益機会は、自社の得意とする能力の近傍の極めて限られた領域を対象としています。

 

しかし、オープン・イノベーションでは、世界の中で、広く価値創出・収益機会を見つけて行こうという考え方です。したがって、自社にとってのオープン・イノベーションは、「ものづくり」の何倍、何十倍、何百倍もの収益の機会の実現が可能ということです。「オープンイノベーションとは」は、ものづくりドットコム 登録専門家の川崎 響子氏の連載解説記事です。

 

【オープンイノベーションとは 連載記事一覧】

 

 

【関連記事の紹介】

◆研究テーマの多様な情報源(その13)オープンイノベーション

 

<<この連載を利用の際のお願い>>

ここで紹介する連載の転載は固くお断りします。少人数での個人的な勉強会での使用のみに限定してください。

 


「技術マネジメント総合」の他のキーワード解説記事

もっと見る
普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その62) バリューチェーン・サプライチェーンとその普遍化

   今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」です。今回は、バリューチェーン・サプライチェーンとそ...

   今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」です。今回は、バリューチェーン・サプライチェーンとそ...


普通の組織をイノベーティブにする処方箋(その85)GainとPainのリスト化

 これまで、エドワード・デシの外発的動機付けから内発的動機付けを誘引する4段階理論について解説を続けています。過去2回では、その中で第3段階を実現する...

 これまで、エドワード・デシの外発的動機付けから内発的動機付けを誘引する4段階理論について解説を続けています。過去2回では、その中で第3段階を実現する...


普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その133)イノベーションの創造

  【この連載の前回:普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その132)へのリンク】 現在「切り取った知識の重要部分を発想するフレー...

  【この連載の前回:普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その132)へのリンク】 現在「切り取った知識の重要部分を発想するフレー...


「技術マネジメント総合」の活用事例

もっと見る
スケールド・アジャイル・フレームワーク (SAFe) の導入開始

        はたして僕が勤める企業はスケールド・アジャイル・フレームワーク (SAFe) を上手く導入で...

        はたして僕が勤める企業はスケールド・アジャイル・フレームワーク (SAFe) を上手く導入で...


プロジェクト管理の仕組み (その33)システム設計1

 コンサルタントとして多くの開発現場に入ると、普段使っている単語、もしくは意味しているものが開発現場によって想像以上に違うことを実感します。たとえば、「レ...

 コンサルタントとして多くの開発現場に入ると、普段使っている単語、もしくは意味しているものが開発現場によって想像以上に違うことを実感します。たとえば、「レ...


生産性向上の鍵、イノベーションへの挑戦

 今回は、マクロ的な視点でみたイノベーションの意味について、解説します。2016年は、グローバリゼーションに対する変化が顕在化した年でした。イギリスのEU...

 今回は、マクロ的な視点でみたイノベーションの意味について、解説します。2016年は、グローバリゼーションに対する変化が顕在化した年でした。イギリスのEU...