ブレインストーミングの 欠点を補うカードブレインストーミングとは

1.カードブレインストーミングとは

カードブレインストーミング
 ブレインストーミングの欠点は、声の大きな人、地位の高い人、積極的な人の発言が場を支配しやすいことです。また発言者の発言を書記が記録するので、微妙なニュアンスが伝わりにくいといった面もあります。これらの欠点を補うために考えられたのがカードブレインストーミング法です。

 ブレインストーミング法には、ルールとして次の4つがあります。「批判厳禁」「自由奔放」「質より量」「結合改善」。この4つのルールはカードブレインストーミング法でもそのまま生かすことが大切です。

 

セミナー「創造性開発のための脳力スパイラルアップセミナー」

9:30 ~ 16:45 

東京・日科技連 東高円寺ビル

52,920円

2.カードブレインストーミング法の進め方

 カードブレインストーミング法は次のような手順で進めます。

【準備】

  •  (1) テーマは明確にしておく。
  •  (2) メンバーは5~8人くらいが望ましい。
  •  (3) リーダーは、進行と時間管理を受け持つがアイデアも出す。
  •  (4) 単語カードなどを用いるが、ポストイットカードが最適。
  •  (5) 長机を2本よせ、まわりにイスを。
  •  (6) 各人にB4シートを1枚、3~4枚を机の真中に置く。

 

【本番】

  •  (1) 個人発想=カード化(5分)

テーマを説明した後、各自発想する。1アイデア1カードの原則で次々とアイデアカードを書き出していく。そのカードをB4シートに貼ってゆく。

  •  (2) 順番発表=便乗思考

リーダーの司会で順番発表に入る。まず、リーダーの左隣の人が自分のカードを1枚取り出して、読み上げ、そのカードを全員が見えるように机の真中に置かれたB4シートに貼る。続いてその左隣の人が1枚取り出してシートに張り出す。そしてその隣というように、必ず1枚ずつ順番に発表していく。自分の番で手元にアイデアカードのない人はパスとなる。連続パスは認めない。

  • カードブレインストーミングの手順
     (3) 繰り返し(個人発想→順番発想)

パスをする人が半数程度でたら、頃合を見てリーダーは2回目の個人発想タイム(5分)に入る。時間が来たら、また順番発表に入る。

  •  (4) 個人発想(2回目)=カード化(5分)
  •  (5) 順番発表(2回目)=便乗思考
  •  (6) 繰り返し=個人発想→順番発表

      これを時間がくるまで繰り返す。


この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「ブレインストーミング」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。