ブレインストーミングとは

 ブレインストーミングは、米国の広告会社BBDO社の社長オズボーンが考案しました。自由連想法の代表的なもので、基本的には集団技法です。

1.ブレインストーミングのルール

 ブレインストーミングの特徴は、下の4つのルールにはっきり表されています。

   (1)批判厳禁
   (2)自由奔放
   (3)質より量
   (4)結合改善

 自由連想で評価をしては意味がありませんから、「批判厳禁」であり、「自由奔放」でなくてはなりません。「質より量」という意味は、質つまり「よいアイデア」を強調すると評価になる、だから量をどんどん出せばよい質のものも出てくる、というわけです。そして「結合改善」つまり集団で衆知をあつめてアイデアを出します。  

セミナー「創造性開発のための脳力スパイラルアップセミナー」

9:30 ~ 16:45 

東京・日科技連 東高円寺ビル

52,920円

2.ブレインストーミングの手順

  (1)   テーマは細かく具体的なものにする。
  (2)   部屋の机を全員の顔が見て座れるように並べる。
  (3)   模造紙または黒板、できれば記録がコピーできる電子黒板を用意する。
  (4)   リーダーが進行し、すべての発言を記録する。
  (5)   メンバーは5~8名程度の構成部隊。つまり、多くの異なった専門職で構成する。
  (6)   自由に発言し、決して批判しない。
  (7)   発言はすべて記録する。下図のように上にテーマを、そして番号をふり記入する。
  (8)   記録係は発言を記録する際、キーワードを生かして要約する。
(例)「カーボンファイバーを素材としても利用する」を「素材に工夫」などとされては、抽象的すぎてよい要約とはいえません。
  (9)   時間は多くても2時間以内。それ以上なら休憩を。
  (10) BSの評価は1日くらいおいてから「独自性」と「可能性」で批判解禁で行う。

 とにかく4つのルールを忘れないことがポイントです。

ブレインストーミングとは


この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「ブレインストーミング」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン