ブレインライティングは全員が強制的に考えること!

1.ブレインライティングとは

 ブレインライティングは、西ドイツで開発された思考法で、ホリゲルという形態分析法の専門家が、1968年にドイツで創案しました。個人の独自性を生かしつつブレインストーミングの長所も生かすやり方です。

 ブレインライティングは当初6・3・5法と呼ばれていました。

  • 6人ずつの参加者で
  • 3件ずつのアイデアを各自が考え
  • 5分以内で用紙に記入し隣に回す

ブレインライティングシート
というプロセスで進行してゆくからです。

 この技法の最大の特徴は、全員無言で集団思考を行うということです。右に示す用紙のⅠの列に各自3つのアイデアを5分以内で書きます。5分たつとその用紙を左側の人に渡します。渡された人はその3つのアイデアをヒントにしてⅡの列にまた5分間で自分独自のアイデア、又は各アイデアを発展させたものを書くのです。

 無言でも立派な集団思考となっています。 

 

セミナー「創造性開発のための脳力スパイラルアップセミナー」

9:30 ~ 16:45 

東京・日科技連 東高円寺ビル

52,920円

2.ブレインライティングの進め方

 (1)テーマを下の用紙の頭に記入しておく。
 (2)リーダーはタイムチェックと進行役を担当。
 (3)メンバーは原則6名、しかし何十人でもできるのがこの技法の特徴。
 (4)机は原則は円形か正方形に。
 (5)5分ずつで3つのアイデアを書く。各自に上のようなシートが配布され、各自はまずⅠの横のABC欄にアイデアを3つ書く。
 (6)5分たったら自分のシートを左の人に渡す。渡されたシートのⅡの列のABC欄に、前の人のアイデアを発展させたり、独自案を考えたりしてアイデアを書く。
 (7)また5分たったら左の人へわたす。
 (8)時間は30分が1ラウンド。最大で、6人×3案×6ラウンド=108アイデアとなる。
 (9)最後は手元にきたシートの中から、各自よいと思われるアイデアを選び発表することもある。

ブレインライティングの様子

 このように、ブレインライティングは全員が強制的に考えるのが最大の特徴です。


この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「ブレインストーミング」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン